FC2ブログ

アネクメーネ


 どうもこんばんはライネです。
 今日はどんなところに集落ができるのか見ていきたいと思います。

 人間がそこで生きていくうえで、絶対的に必要なものは「空気と気温と水」なのだそうです。
 空気がないなんて場所は論外として、まずは気温から見ていくと、
 ざっくり言えば「最も温かい月の平均気温が10度」くらいなければ、
 人はそこに住むことができないのだそうです。

 ちなみに「最も温かい月の平均気温が10度」という条件は、
 寒帯の条件と一致します。

極限界


 逆に言えば、寒帯の地域では人が一か所に暮らし続けることが難しいようです。
 ただし定住することは難しくとも、ツンドラ気候の地域には遊牧民が暮らしているので、
 人が全くいないわけではありません。


 そして水についてですが、おおよそ「年降水量250mm未満」になると、
 やはり人はそこに住むことが難しくなるようです。
 こちらは砂漠気候の条件に近いですね。 


 砂漠気候の条件はかなり複雑な計算式がありまして、こんな感じです。

砂漠気候の定義

 ですので、年降水量250mm未満という条件は砂漠気候とは何も関係ないのですが、
 計算してみると、年降水量250mm未満の場合は砂漠気候になりやすいことがわかります。

年降水量250mmとは

 気候区分を作ったケッペンさんは、植物の生え方に注目して区分したわけですが、
 基本的に人間がそこに住み着くには、自分で食べ物を作らなければいけないので、
 植物が育たない、つまり食べ物が作れない地域には人も住めないというわけです。

 ちなみにこのように人がずっとそこに住めない場所のことを「アネクメーネ」と
 呼んでいるのだそうです。  
スポンサーサイト



プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック