FC2ブログ

12月のまとめ(15年)


 どうもこんばんはライネです。
 2015年も残すところあと一週間となりました。

 ちなみに先生が勝手に本棚を発注してしまったので、明日から本の虫干し大会が始まる模様です。
 大掃除もしないといけないのに!

 というわけで今月のまとめです。

 情報通信
  ・テレビの仕組み
    ブラウン管の仕組みまではさすがに手が回りませんでしたが、
    テレビがFAXと似たような仕組みだということはなんとなくわかりました。

    薄型テレビがどうなっているのかも知りたかったのですが、
    それについてはあまりに遠回りになりそうだったので、
    また機会があったら調べてみようと思います。


  ・インターネットって何ですか?  
    参考文献として使わせていただいた村井純さんの本では、
    次のように述べられています。

   ウィンドウズ95とともに、インターネットの利用者は急激に増加したが、
  早くからインターネットにかかわっていた技術者は、少々苦い思いでいた。
  ウィンドウスに付属していたブラウザーにはデスクトップ上で
  「インターネット」というラベルが付けられ、利用者はインターネットとは
  ウェブのことだと思うようになったからだ。
   しかし、長い年月をかけて基礎技術を積み上げてきたインターネット屋にしてみれば、
  ブラウザーの背後で動いているインフラのほうこそがインターネットなのだ。
  まだ簡素なマークに従って文書を表示するばかりであったウェブが、
  インターネットと思われるのはおもしろくなかった。

    村井 純「インターネットの基礎」角川学芸出版 第1章65pより


  ・インターネットの誕生①
    前述のとおり、インターネットは
    「コンピューターとコンピューターをどうやればつなげられるのか」
    というインフラストラクチャーなわけです。

    なので、本来は国や地域によってバラバラでもおかしくないのですが、
    現在はほぼすべてが1つのインターネットで結ばれています。
    そのきっかけを追い求めると、ARPAというアメリカの機関が作った
    「ARPANET」にたどり着くわけです。


  ・パケット通信
    インターネットと電話の一番違うところはパケットという考え方です。
    情報をひとまとまりにして送るのではなく、小分けにして送ることで、
    同時にいろいろな人に情報を送ることができるようになりました。


  ・プロトコルって何?
    プロトコルとは、ルールのことです。
    インターネットが国も言葉も、コンピューターメーカーも超えて、
    つながるためには、共通のルールで通信する必要があるわけです。

    
  ・コンピューターの住所  
    インターネット上で目的のコンピューターとつながるためには、
    住所が必要になってくるのですが、
    当初はここまでインターネットが普及するとは思われなかったのでしょうか、
    現在まさに、住所がなくなりそうな問題があるようです。

 
  ・IPv4では枯渇するってどういうこと?
    インターネットの住所を表示する方法としてIPv4という
    プロトコルが使われているのですが、
    IPv4で表示できる住所は43億くらいまで。

    すでに全世界の人が1台コンピューターを持っただけで、
    住所がなくなるという問題を抱えているわけです。


  ・IPv6は枯渇しない(たぶん)
    そこで、IPv6という方法が考えられました。
    ちなみにv4は「ヴァーション4」v6は「ヴァージョン6」です。
    v5もあるにはあるのですが、実験用に使われたものらしく、
    一般的には欠番扱いというわけです。
    ちなみにIPv6では340澗も住所が表示できます。

    ざっくり言えば一人当たり5穣くらい住所登録ができるので、
    身の回りの物すべてに住所が割り当てられてもだいぶ余裕です。
    1個1個のコップや本でインターネットができるようになったとしても、
    十分余裕がある方法というわけです。


  ・16進法の書き方
    シュタインズ・ゲートを見ていて「109213871」という数字を
    考えてみたのですが、使いどころに困っています。
    なお、特に意味はありません。

    これを16進法で表現すると、68278AFとなります。    
    10進法では表現できない11~16までをA~Fの文字に置き換えて、
    表現する方法なのだそうです。


  ・電話でインターネット  
    当初のインターネットは電話回線を使っておこなっていたそうです。
    しかもそのまま電話で使う回線を使っていたので、
    当然電話料金がかかります。

    間違っているかもしれませんが、試算では
    1Gバイトの情報をダウンロードするのに40時間2万円以上かかるので、
    遅いしお金がかかってしまいますね。


  ・電話でインターネット2
    電話回線を2本使って通信するISDNや、
    電話回線を使うものの、通話用の部分と分けて使うADSLが生まれて、
    インターネットを接続するのにかかる時間もお金も減っていきました。


  ・インターネットの回線速度
    さらに、インターネット専用の光ファイバー回線が登場して、
    昔だったら考えるのも恐ろしかった映画をインターネットで見るなんていう、
    Fuluのような動画サイトが登場してきたわけです。


  ・ホームページとウェブサイト
    「インターネット」もそうですが「ホームページ」も、
    だいぶ間違った使われ方をしている言葉のようです。
    ホームページビルダーというウェブサイトを作るソフトがあるのですが、
    文字通りホームページしか作れなかったら大問題だと思います。
    

  ・さよならパソコン通信  
    ちょっと古い漫画の中には登場する「パソコン通信」というものについて、
    私はずっとインターネットの別名だと思っていたのですが、そうではないようです。

    正確に言うなら今のインターネットは全世界共通の1つのものを指しますが、
    「コンピューター同士をつないだもの」をインターネットというのなら、
    あるパソコン通信は意味正しいでのインターネットではあるようです。

    ようするに、見られるサイトが限られているインターネットだとでも
    思っておけばよさそうです。


  ・こんにちは世界
    ブログ、ツイッター、フェイスブック、ライン、スカイプなどなど、
    インターネットを使って情報通信するものは枚挙にいとまがありません。
    本当はこのあたりのことも調べてみたかったのですが、
    ずるずる話をし続けてもあれなので、このあたりで切り上げさせていただきました。
    また機会があれば、この続きを説明していきたいものです。


 集落 
  ・集落ってなんだ?
    集落とは人の家が集まっているところのことで、
    都市と村落にわけられるのだそうです。
    というわけでとうとう、一応の最終章である集落編に突入しました。

  ・都市と村落  
    都市と村落にわけられるけれど、
    明確な分け方が特にないというのが難しいところですね。
    

  ・散村
    散村とは、一軒一軒の家が散らばっている集落のことで、
    割といろいろなところで見られるようです。
    特に農村なんかに多いのかな。


  ・タウンシップって何なのよ
    アメリカで散村が見られるのは、
    タウンシップというものが影響しているらしいので
    調べてみました。

    全然関係ありませんが、バック・トゥ・ザ・フューチャーの表記が
    ヒューチャーですが、これの発音の違いがまったくもって理解できません。
    これは私がネイティブな日本語話者じゃないからなのでしょうか?  

  
  ・アメリカの散村
    東京ドームという単位がよくわからないのですが、
    きちんと成り立っているのでしょうか・・・。

    タウンシップによって区分けされた公有地は東京ドームが周辺の施設も含めて
    まるまる入る大きさだったようです。
    その大きさの土地に一軒しか家が建たないというなら、どんなに大きな家でも
    散村になってしまいますね。


  ・塊村、列村、円村  
    散村に対する集落が集村です。
    形によってさらに列、円、塊にわけることができるようです。

    なお、個人的にはやっぱり形によってわけるなら、
    路村と街村はここで登場するべき言葉ではないと思います。
  

  ・路村と街村
    路村と街村を私の感覚で分類するなら、
    道路に面している集落が路村で、道路を行く人に面している集落が街村です。
    結果的に同じような形になるので、地図だけで区別するのは難しいと思います。


  ・円村と列村をみてみよう
    ヨーロッパに多い円村を2つ見てみたのですが、
    最初は円村部分だけでも、現在はその周りに集落が発達して、
    塊村になっているケースも多いようです。
    列村はわりと今もくっきり残っているものが多いのかもしれません。
  

  ・新田ってどういうこと?
    日本で見られる列村の代表例として、
    新田集落について調べてみました。
 
    まずは新田とは何かという話ですが、
    要するに江戸時代以降に作られた比較的新しい農地を新田というようです。


  ・新田集落ってこんなとこ  
    意外と先生の家の近くに、有名な新田集落が残っているので、
    いつか見に行ってみようと思うのですが、
    人の家があるだけなので、写真を撮るのは憚られます。

    空中写真のほうが形が分かりやすいので、これはこれでいいかもしれませんね。


  ・駅伝と宿場町
    もう一つの列村として、宿場町について調べてみました。
    そもそも宿場は駅伝という昔の情報通信手段によって、
    発達していったというのはなかなか興味深い発見でした。


  ・列村がみられる宿場町
    実際に現在でも列村の形が残っている宿場町を見てみました。
    浦和も宿場町だったのですが、ほかの大都市に近いような場所だと、
    列村もなにもありませんね。




 というわけで、2015年の最後のまとめとなりました。
 よいお年を!
スポンサーサイト



プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック