FC2ブログ

便宜置籍船


 どうもこんばんはライネです。
 今日は船舶に関する、ちょっと不思議なシステムについて説明いたします。

 まず、世界の船舶生産量と貿易量はこんな具合になっているようです。

造船量2013
※生産量は2013年、輸入量は2010年のデータ
 
 中国、韓国、日本と、東アジアでは世界のほとんどの船が作られているようですね。
 そして船舶にも国籍がありまして、これを「船籍(せんせき)」と言うのだそうです。

 基本的には船を持っている人が住んでいる国に設定することが多いのですが、
 実はこれには裏ワザが存在するのだそうです。


 小さい船では難しいのですが、世界中を移動するような大きな船の場合、
 税金の安い国に会社を作って、その会社が持っていることにすれば、
 税金の節約になるのだそうです。

 そういう船舶のことを「便宜置籍船(べんぎちせきせん)」と呼んでいるそうです。
 なお、アフリカのリベリアという国は便宜置籍船を多く抱えるような政策を取ったので、
 こういう国を「便宜置籍船国」と呼んでいます。

 リベリア以外にも、パナマなど小さくて海に囲まれた国が同じ事を行っているらしいのですが、
 モンゴルのように海が無いような国でも便宜置籍船を登録できる政策を行っているそうです。



 ただ、そういう便宜置籍船は良いか悪いかで言えば、限りなくグレーらしく、
 場合によっては法律が甘いのをいいことに、違法なものを運んだりしているケースもあって、
 便宜置籍船に関する立ち入り検査は厳しく行われているのだそうです。
スポンサーサイト



プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック