FC2ブログ

郵便屋さんの保険


 どうもこんばんはライネです。


 北海道のジャガイモから寄生虫が見つかったそうです。
 この寄生虫はジャガイモシロシストセンチュウと言うそうです。

 つい先日紹介したアメリカの外国貿易障壁報告書の中でも指摘されていたとおり、
 アメリカからは一部地域を除いてジャガイモの輸入を制限しているのですが、
 その理由が、ジャガイモシロシストセンチュウが寄生しているからだったわけです。

 万が一のことを考えて輸入した生ジャガイモは鹿児島の処理施設で加熱処理されていたわけですが、
 どっから湧いてきたのやらですね・・・。

 もし、この寄生虫が日本国内で増えてしまうと、ジャガイモの成長が邪魔されてしまうらしく、
 収穫量が減ってしまうかもしれません。
 日本の貿易はそんなことが起こらないようにやっていたことがわかった反面、
 なんでもかんでも自由に貿易することの危うさに気付かされます。



 さて、話は戻り増して、今日は保険のお話しです。
 保険とは全く、これっぽっちもかかわることが無い私にとって、
 保険は「自分の命を使ったギャンブルのようなもの」というイメージです。
 カイジみたいな話ですね。ざわざわ。

 ま、要するに自分が交通事故に遭ったときの為にあらかじめお金を支払っておいて、
 もしも事故に遭ったら生活に困らない分のお金がもらえるシステムってことですよね。

 そんな保険についても郵便局がやっていたのだそうです。
 その名も「簡易保険」、通称「かんぽ」。

 簡易と言うのは、まず誰でも入れる保険だったようです。
 例えば「ケガをしたらお金が貰えるという保険」の場合、
 「毎日針山の上に張った一本のロープの上を歩く仕事」をしているような人を加入させると、
 損をする可能性がとても高くなって、保険会社が破産してしまうわけです。

 かんぽの場合はどんな職業でも加入できる(Wikipediaではヤクザでもって書いてあるけど本当か?)
 らしいので、確かに加入するハードルは低いですね。

 また、やはり郵便局で取り扱っているので窓口が近いことも簡易保険ならではのようです。
 ただし、簡易であるため貰える金額には限度があるそうです。
 

 ちなみに現在はどうなっているかと言うと、郵政民営化に伴い、国営ではなくなりましたが、
 「株式会社かんぽ生命保険」という会社が似たような保険業務を行っています。
 
 かんぽは元々が国営、つまり絶対に倒産しない(掛け金が消えることが無い)保険だったこともあり、
 一般企業になると同時に、やはり世界有数のスーパーエリート保険会社になったそうです。

 アメリカは、そんなに圧倒的な保険会社
 (しかも親会社が同じ圧倒的な銀行が莫大な資金を持っている)はチート過ぎる。
 他の保険会社がとても太刀打ちできないようなことはさせないようにして欲しいと言っているようです。 
スポンサーサイト



プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック