FC2ブログ

TPPって何の略?


 どうもこんばんはライネです。

 毎日命の危険を感じる程暑いです。全然雨も降りません。
 これだけの気温なら上昇気流がおこって雨が降ってくれそうなのですが、
 高気圧が居座っているので、そうもいかない様です。

 明日から関東は少し涼しくなってくれるらしいのですが、
 それでも35度近くあるんでしょ・・・?



 さて、今日は何かと話題なTPPについて調べてみましょう。
 まず、TPPって何の略なのでしょうか。

 とりあえず英語では「Trans-Pacific Partnership Agreement」が使われることが多いようです。
 日本語に訳せば「環太平洋パートナーシップ協定」となります。
 外務省や内閣府などでもこの日本語訳が使われています。

 ですが、何故か先生の家にある帝国書院や東京法令出版(とうほう)の資料集では、
 TPPの日本語訳に「環太平洋経済連携協定」という言葉が使われています。
 パートナーシップを連携と訳すのはなんとなくわかるのですが、
 経済が出てくるのは少し腑に落ちません。

 おそらく、TPPは「EPA(経済連携協定)」なので、
 環太平洋のEPAという意味が込められているのかもしれません。



 また、Wikipediaでは「環太平洋戦略的経済連携協定」という言葉が使われているのですが、
 これはどうやら、正しくは今のTPPのひとつ前の名前なのかもしれません。
 
 というのも、テレビや新聞でTPPの話題が出ると、
 どうしてもアメリカと日本の関係ばかりが扱われるのですが、
 そもそも日本は「入ろうと思うんだけど、細かいルールの調整しようぜ」と言っている段階です。
 アメリカも実は同じような状況で、そもそもまだTPPはこの世に存在していないのです。
 あくまでも、将来的に作ろうとしているものの名前に過ぎないのです。


 ただ、まったく存在していないわけではありません。
 というのも、アメリカや日本など多くの国が現在はルールの調整中なのですが、
 こういった新しい国が参加しようとする以前からすでにTPPの元となる協定が存在しているのです。

 それが「Trans-Pacific Strategic Economic Partnership Agreement」。
 日本語で言う「環太平洋戦略的経済連携協定」なのです。
 こちらは、TPSEP協定とか、4カ国の協定なのでP4協定などと呼ばれています。

 このP4に「俺たちも混ぜてー」と話し合いを進めているのがTPPというわけなのです。
スポンサーサイト



プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック