FC2ブログ

AUに加盟していないアフリカの国


 どうもこんばんはライネです。

 意外と凄いぞ「AU(アフリカ連合)」という話をしたのですが、
 実はアフリカの国のうちひとつだけ加盟していない国があるのです。

 これがまた、ややこしい話なので順番を追ってみていきましょう。


 世界地図を見ると、アフリカに「西サハラ」という地域があるのにお気づきでしょうか?

西サハラ

 手元にある地図で確認すると、他の国には色がぬられているのに、
 ここだけ色がぬられていなかったりします。

 実は西サハラという地域は、世界的にほとんどの国が「誰のものか明言できない」地域なのです。
 もちろん日本の立場としても、誰のものか判断しないと言うものの様です。


 では、どうしてそういう状況になってしまったのかといいますと、
 西サハラという地域はヨーロッパ各国がアフリカに植民地を作った時、
 スペインの植民地となった地域です。

1914年のアフリカ


 その後、アフリカ各国が独立した時期にスペインは領有権を放棄したのですが、
 そこで少し面倒なことになりました。
 まず、西サハラという地域を、お隣のモロッコとモーリタニアが半分づつに分けたのです。

西サハラと周辺諸国

 けれども、西サハラに住んでいた人たちはモロッコにもモーリタニアにもならずに、
 「西サハラ(サハラ・アラブ民主共和国)」という国として独立しようとしました。

 ここから、三つ巴の戦いに突入するわけですが、モーリタニアは早い段階で領有を放棄します。
 ところがモロッコは現在も西サハラの独立を認めておらず、
 実質的に西サハラを支配しているのはモロッコなのだそうです。

 とはいえ、現在でもほとんどの国はモロッコの支配も、西アジアの独立も認めていない状況なので、
 「誰のものか明言できない」地域となっているわけです。



 じゃあ、AUに入っていないのは西サハラなのかというと、そうではありません。
 西サハラは国としては認められていなくとも、AUに(その前身のOAUから)加盟しているのです。

 AUに加盟していないのはむしろモロッコで、
 「AUが西サハラの加盟を認めた」ということは、
 言い換えれば「AUは西サハラはモロッコのものじゃない」と、言っているようなものなのです。

 「だったら、そんな奴らとは仲良くできないわ!」
 と、モロッコはOAUに最初から加盟していた国なのですが、西サハラの加盟と共に脱退して、
 現在に至ります。
スポンサーサイト



プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック