FC2ブログ

ヨーロッパがひとつに?

 どうもこんばんはライネです。

 EUを中心にヨーロッパを見てきましたが、いかがでしたか?
 一連のテーマの最後に、今のEUの状況を私なりにまとめてみます。


 EUによってヨーロッパはひとつにまとまりつつあると言うのは、
 紛れもない事実だと思います。

 実際にお金も同じものを使っているし、パスポートもいらないし、
 基本的なルールを共有するなど、ただの隣同士の国と言うよりは、
 まるでひとつの国のように見えます。


 けれども詳し比べてみると、なんだかあと一歩というところで進んでないようです。
 というのも、EU加盟国で共通の憲法を作ろうという動きがあったそうです。
 これを「欧州憲法」、正しくは「欧州憲法条約」と言うようです。

 ところが、この欧州憲法はあと一歩のところで、止まってしまったそうです。
 実際に欧州憲法が作られて、各国の代表者もサインをしたそうなのですが、
 これを各国で本当に使っていいか話し合ったところ、フランスとオランダでは反対する人が多く、
 他の国でも、もっと考えた方がいいという意見もあり、
 欧州憲法は先送りになってしまったのだそうです。



 その代わりに、憲法ではなく「リスボン条約」が結ばれはしたのですが、
 EUがひとつの国のような存在になるには、まだまだ壁があるようです。 



 さらに最近はニュースなどでも説明されていますが、
 ギリシャの経済がとても危ない状況になっているそうです。

 ユーロというお金を共有したり、人や物の移動が自由になっているので、
 ひとつの国が調子を悪くすると、他の国にもすぐに移ってしまうわけです。

 かといって、「調子が悪くなった子はEUから抜けてね」と言ってしまうと、
 せっかくここまで大きくなったEUが分解してしまうわけで、
 他の国が助けてあげなくてはいけません。

 他の国の人たちからすれば、
 「いくらEUだからって、私の払った税金が他の国の経済の為に使われるのはどうなの?」
 と言った具合で、EUがまとまることに反対する人もいるのだそうです。


 良くも悪くも、EUの歴史は完結しておらず、「まだまだ、これから」なのかもしれません。
スポンサーサイト



プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック