FC2ブログ

紙のお金に価値はあるのか


 どうもこんばんはライネです。

 ユーロに関する話を調べていくと、
 どうにも「お金」そのものに関する知識が必要となってくるようです。

 とてつもなく当たり前に使っていて気付かなかったのですが、
 お金って何なんでしょう?

 今日はこのあたりをスッキリさせておこうと思います。


 まず、当たり前と言えば当たり前な話なのですが、
 最初は物々交換が基本だったわけです。

 でも、物々交換って不便なんです。
 例えば、私には食べきれない量の食べ物を取ってきたとして、
 食べきれない分を服と交換してもらったとしましょう。

お金の価値1

 ずっとこんな形で物々交換できればいいのですが、
 今はそんなに欲しい服が無かったとしたら、どうしましょう。

 とりあえず保存できる食べ物なら保存するけれど、
 すぐに腐ってしまう食べ物だったら、今のうちに全部みんなにあげて、
 欲しいものができたときに後でもらうことにしましょうか。

お金の価値2

 その時、どれくらい食べ物をあげたか忘れないように、
 何か他のものを代わりにしておくと便利ですよね。

 こんな具合で、物々交換で不便なところを補うものがお金の基本だったわけです。
 知り合いの間だけなら、サインなど借用書みたいなものでも十分ですが、
 コピーできないような珍しいものを使うと、さらに便利になります。


お金の価値3

 例えば1日分の食べ物を、服の代わりにとても珍しい石と交換してもらったとしましょう。
 すると、珍しい石はいつでも服に交換できるクーポン券になるわけです。
 いつでも服と交換できる珍しい石をナイフと交換してもらえば、 
 ナイフの代わりに珍しい石をもらった人は、私の代わりに服と交換してもらえるようになるわけです。

 実質、珍しい石は1日分の食べ物にも服にもナイフにも交換できます。
 これは便利ですね。




 
 これがだんだんと、珍しくて、長く置いても変化しにくい「金」がお金となっていきます。
 金そのものに価値はないのですが、「欲しいものと交換できるもの」として、
 金にとても大きな価値が加わります。

 さらに、金を常に持ち歩くには大変なので、「金と交換できるもの」としてのお金が誕生しました。
 「欲しいものと交換できる金」に交換できるのだから、ただの紙だとしても価値を持ちます。

 実はつい最近、それこそ第二次世界大戦が終わった後くらいまでは、
 お金の価値は「欲しいもの」と交換できる「金」に交換できることで保障されていたようです。
お金の価値4

 現在ではお金は、金に交換できるから価値が決まっているのではなくなったそうです。
 ただの紙だとしても、「その紙が国によってどれだけ出回っているかしっかり管理されていて」、
 「その紙をお金として使える国でなら、いつでも欲しいものと交換できるから」
 価値が決まっているのだそうです。
 

お金の価値5

スポンサーサイト



プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック