FC2ブログ

ユダヤ教の食事のルール②


 どうもこんばんはライネです。

 昨日は帰って来たら12時を回っておりました。

 というのも温泉帰りに焼肉屋さんに行ったのですが、
 これが物凄く待たなくてはならず、
 「今日は焼肉ときめた胃袋に焼肉以外を入れてはならぬ」という
 不思議な先生の主張によって、2時間近く待っていたからです。

 しかも、食べ放題だからといってたくさん頼み過ぎて、
 最後は義務感だけで口の中に肉を放り込むという、
 お肉様に申し訳ないことをしてしまいました。


 これまで様々な宗教を調べて、殺生の禁止はわかるけれど、
 肉食の禁止というのはいかがなものかと思ってきました。

 私が注文しなくてもすでにどこかで処理されてしまっていることは承知のうえで、
 残したところで殺される家畜の数に違いは出ないかもしれません。

 それでも、せっかくお肉になっていただいたものを残すというのは、
 無用な殺生と同じなのかもしれないと反省しました。
 (無理にでも食べたので残していませんが・・・)


 
 さて、話を戻してユダヤ教のカシュルートですが、
 食べていいもの(コシェル)といけないものがあると言うのはすでに説明しましたが、
 食べ方にも決まりがあるようです。


 まず、レビ記の中では血を食べることも禁止されています。
 したがって、血を完全に抜いた肉しか食べることができないわけです。

 また、少し複雑なのですが「子ヤギをその母の乳で煮てはならない」という決まりがあります。
 文章をそのままで理解するなら、そもそもあまりヤギは食べないし、
 スーパーで買った羊の肉と乳が親子関係にあるかなんてわからないわけです。

 ところが、現在では「肉と乳製品は同時に食べてはいけない」と理解されているようです。
 ですので、牛乳やチーズと一緒に肉を食べてはいけません。
 
 さらに厳密な場合、乳製品と肉は食器、倉庫、洗い場も分けなければならないらしく、
 乳製品専用冷蔵庫とか、乳製品専用食器、乳製品専用食洗機、乳製品専用流しなど、
 キッチンが2つ必要になってくるようです。

 先生の家ではまず無理ですね・・・。
スポンサーサイト



プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック