FC2ブログ

日本の仏教⑫ ~時宗~


 どうもこんばんはライネです。
 はたらく魔王さま(12巻)を読んでいたら、いい時間になってしまいました。
 
 さて今日は鎌倉仏教編その3、「時宗(じしゅう)」について見てみましょう。
 時宗もやはり「南無阿弥陀仏」という念仏を唱えれば救われるという宗派なのですが、
 浄土宗や浄土真宗よりもさらに単純化しているようです。

 どうやら、比べようもなくすごいブッダ(阿弥陀仏)は、
 どんな人でも救ってくれるんだから、信じようが信じまいが、
 「南無阿弥陀仏」と念じていれば救われる。
 という考えだったようです。

 ただし、時宗の大本をつくった「一遍(いっぺん)」さんは、
 救われる人にも3種類あって、普段の生活で十分救われる人、
 結婚相手がいたり子供がいるままでは救われない人、
 結婚相手や子供に加えて財産も捨てなければ救われない人が居ると考えていたようです。

 なので、一遍さんはお嫁さんや子供を捨てて、ひたすら全国を回って、
 念仏を唱えることを薦めたのだそうです。


 また、薦め方にも特徴があって、
 「賦算(ふさん)」といって、念仏の書かれた紙を配る方法や、
 鐘や太鼓などのリズムに合わせてでみんなで念仏を唱えながら踊る
 「念仏踊り」という方法を用いたのだそうです。

 
 個人的な考えなのですが、リズムに合わせて踊るというのは、
 人間の根の深いところにある楽しさだと思います。

 漫画、ヨコハマ買い出し紀行のなかで、ロボットが「私の血の中には音が流れている」、
 「私たち音やにおいでできている」と気付くシーンがあります。
 作中では同じ音を聞いた人間も「かゆい所にスコンて手がはいる感じ」と表現していて
 人間がそうだから、ロボットもそう作ったのだと理解できるシーンがあります。

 踊りたくなるリズムに合わせて、皆で踊るというのは、
 たしかにそれだけで難しいことは考えずに、
 救われていることを実感できたのかもしれません。
スポンサーサイト



プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック