スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏教の宗派


 どうもこんばんはライネです。
 今日は仏教の宗派について見ていきましょう。

 ちなみに身近に仏教徒と思わしき人が居るので、聞いてみましたが、
 イマイチ良くわからないとのことでした。
 あてになりません。


 まず、仏教はキリスト教やイスラム教よりも古く、大体今から2500年前から始まったようです。
 そもそも仏教は、辛いことや苦しいこととどのように接していけばいいのかという教えらしく、
 詳しくはまた別の機会に調べようと思いますが、とてつもなくざっくり説明するなら、
 「嬉しいことも悲しいことも、本人の心の持ちよう」なのだと理解するのが重要なのだそうです。

 一人でこの境地にたどり着いた(これを「悟った」と言うようです)ブッダは、
 聖☆おにいさんでも説明されていますが、当初、これを広く伝えるつもりはなかったようです。
 ところが最初は少数だったようですが、これを伝え、ここから仏教がはじまったようです。


 ブッダの生前はこれらの教えが形に残ることはなかったらしいのですが、
 死後、ブッダの言葉を聞いていた弟子たちが集まって、次第に文章にまとめられるようです。
 ちなみにこの作業の中心となり、ブッダの死後、仏教を受け継いだのは、
 聖☆おにいさんではブッダにもらった服を死ぬまで着続けたと書かれている
 「マハーカッサパ」さんです。


 話を戻してブッダの死後100年が経過した頃になると、
 教えの解釈の仕方に違いが表れ、ここで大きく2つの宗派に分かれたそうです。

 これまた複雑な経緯があったようですが、要点を押さえると、
 初期からの仏教を守ろうとする「上座部仏教(じょうざぶぶっきょう)」と、
 多少の規制緩和は仕方なしとする「大乗仏教(だいじょうぶっきょう)」がそうです。


 また、ほかの角度から見てみると、
 上座部仏教はブッダやそれまでの仏教徒がそうであったように、
 みんなが修行によって悟りを目指そうとするものだったそうです。

 一方、大乗仏教では、修行ができない人も救ってあげようとするもので、
 仮に先生が仏教徒だとすると、普段全く修行のそぶりも見せないので大乗仏教の方だと思います。


 実際のところ、さらにそこからたくさんの宗派が誕生しているので、
 先生も大乗仏教のどれかだとは解っていると思いますが・・・ 
スポンサーサイト

日本の仏教①


 どうもこんばんはライネです。

 キリスト教やイスラームでも、これまでに説明してきた教派以外に細かく分かれているのですが、
 仏教も同様にたくさん分かれています。

 好都合なことに、仏教の場合、日本語しか読めない私にでも理解できる資料がたくさんあるので、
 もう少し細かい仏教(特に大乗仏教)の宗派を見て行こうと思います。


 昨日も説明したように、ブッダの生前(宗教的には「入滅前」と言うようです)には、
 ブッダの言葉は記録として残されていなかったのですが、
 背中の手術をされても気にならない程熱心に聞いていたというアナンダ(アーナンダ)さんは、
 全ての言葉を覚えており、これが後に各種の「経典(きょうてん)」となります。


 また、大乗仏教は中国に伝わるのですが、
 元々経典は「サンスクリット語」というインドの言葉で書かれていたそうです。
 さらに、すでに様々な経典が出た後に伝わったので、
 「どれが最初に作られたのか」、「どれが一番重要なのか」が解らなかったようです。


 これはとても良くわかる話だと思います。
 例えるならFateシリーズはどれが一番いいのか、ガンダムはどこから見ればいいのか、
 今から見ようとする人は悩みますよね。

 そこで、経典を中国語に翻訳し、色々な人がこれと言う経典を中心に仏教を信じたのだそうです。
 「Fate/Zeroこそ基本である」とか、「ガンダムはファーストしか認めない」とか、
 そんな感じだったようです。

 同じFateファンの中で、Zeroファン、stay nightファン、プリズマイリヤファンが派生したように、
 大乗仏教も、〇○経典派、××経典派といった具合で細かく分かれていきました。
 それが、朝鮮を経て日本へと伝わるわけです。


 ここからは日本の歴史と深くつながってくるのですが、
 まず、日本で仏教が信じられだしたのは大体今から1350年くらい前の飛鳥時代なのだそうです。
 ここで、重要な人物「聖徳太子(しょうとくたいし)」さんが登場します。
 と言う訳で詳しくはまた明日。

日本の仏教② ~ブッポウソウ~

 どうもこんばんはライネです。
 さて、今日は日本の仏教について見ていきましょう。

 昨日は仏教がやってきたのは飛鳥時代だったと説明しましたが、
 このあたりは少し複雑でして、
 それ以前に個人輸入のような形で仏教を受け入れていた人も居たようです。


 公的な形で日本にやってきた(公伝)のは、
 諸説あるものの、一般的には西暦538年と言われているようです。
 ということは飛鳥時代が592年かららしいので、
 飛鳥時代になる頃には既に仏教は伝わっていたことになります。


 ただし、伝わったのと広まったのとでは違いがあるのは確かです。
 ガンダムもエヴァンゲリオンも、再放送で火が付いたわけですし、
 すでに神道という考え方があった日本で、急に仏教が広がると考える方が変だと思います。

 さて、どのように仏教が広まったのかと言うと、
 当時の権力者の中でも、仏教派と神道派が居たようです。

 この頃の中国は日本からするとバリバリの先進国だったので、
 やっぱり先進国のやり方を真似た方がいいんじゃないかというのが、
 「蘇我(そが)」というかなりの権力をもった大臣でした。

 ただ、どうやらこの考え方はすぐに受け入れられずに、
 疫病が流行ったりして、仏教なんて信じたから神様が怒ったんだと否定されたりもしました。



 そんな流れの中で、「聖徳太子(厩戸皇子)」という日本史上の有名人が登場します。
 この人と蘇我氏の子供が仏教派となり、反仏教派だった勢力を倒します。
 この勝利は仏教のおかげだということで、四天王寺というお寺を今の大阪に建てたそうです。

 また、聖徳太子が作ったと言われる「十七条憲法(じゅうしちじょうけんぽう)」という、
 いわゆる支配者層向けの法律の中にも、仏教を大事にしなさいと書かれているそうです。


 ちなみに、十七条憲法の中で「仏」、「法(仏の教え)」、「僧(仏教の修行をする人」を
 大事にしなさいと書かれているらしいのですが、「ブッポウソウ」という鳥が存在します。
 鳴き声がブッポウソウと聞こえることから付けられたらしいのですが、
 実はブッポウソウと鳴いていたのはフクロウ(コノハズク)だったということが現在では判明しています。

 
 そして、さらに詳しく仏教について知る為に、国を代表して超優秀な人材に、
 中国(当時の国名は「隋(ずい)」)に留学をさせています。
 これを「遣隋使(けんずいし)」と呼ぶそうです。

日本の仏教③ ~唯識論~


 どうもこんばんはライネです。
 今日は奈良時代に日本に広まった大乗仏教の宗派を説明しましょう。


 ただ、この頃の宗派と言うのは、今の宗教とは少し違っているのだそうです。
 ある意味では「仏教学」とも言えるような学問のジャンルみたいなものだったそうです。
 エヴァンゲリオンを純粋に楽しむのが宗教だとしたら、
 あれってどういう事なんだろうと、正しく楽しむ前に解析していたのがこの頃だったわけです。


 と言う訳で、今の宗教とは少々趣が異なりますが、この頃に登場するのが
 「南都六宗(なんとろくしゅう)」というものです。
 南都とは奈良のことらしいので、そこで学ばれた6つの宗派という意味ですね。

 この6つの宗派のうち、3つは単独で独立した宗派ではないので、
 今も宗教的な宗派として残っているのは、「法相宗(ほうそうしゅう)」、
 「華厳宗(けごんしゅう)」、「律宗(りっしゅう)」の3つです。



 ではまず、法相宗から見て行きましょう。
 この宗派で重要とされる経典は「成唯識論(じょうゆいしきろん)」というものだそうです。

 南都六宗のひとつ「具舎宗(くしゃしゅう)」を学ばなければ、
 この宗派で重要な「唯識」というものが正しく理解できないらしいのですが、
 とりあえず概念だけでも押さえておこうと思います。


 きわめてざっくり説明するなら、こんな感じです。

 貴方は私をどう思いますか?
 なんか変な奴だと思う人もいれば、毎日こんなこと調べてる暇人だと思う人もいると思います。
 人にとって「相手」と言うのは、そこに確かに存在していると思うけれど、
 実は頭の中(意識の中)に居るに過ぎないのかもしれません。
 だったら、意識の持ちようで欲望とか悩みだってなくなるハズだよね?


 この考え方のすごいところは、居るかどうかわからない神様の助けの代わりに、
 自分の考え方次第で解決できてしまうというところです。

 そして、実際問題、見る、聞く、舐める、触れる、嗅ぐ、そして記憶や思うことも含めて、
 本当は全て電気情報で脳が処理しているだけなので、
 脳に直接そういう電気を流せば、理論的には確かに可能です。
 つまり、あながち嘘でも妄想でもないということだと思います。


 こんな考え方を2500年近く昔に発見しているなんて、仏教、恐ろしい・・・

 ちなみに、この経典を中国に伝えた(というより沢山の経典からひとつにまとめた)のは、
 西遊記でおなじみの三蔵法師(玄奘三蔵)さんなのだそうです。

日本の仏教④ ~一は全、全は一~


 どうもこんばんはライネです。
 今日も引き続いて奈良時代の大乗仏教について見ていきましょう。


 奈良時代に広まった仏教は大きく分けて3つ、補佐的な宗派も含めれば6つです。
 そのうちの法相宗は昨日説明したので、まずは「華厳宗(けごんしゅう)」についてですね。

 華厳宗における経典は「華厳経(けごんきょう)」と言うものです。
 これまた本格的に理解するには大変なのでざっくり説明すると、
 実は鋼の錬金術師に登場する理論によく似ています。

 
 鋼の錬金術師の中で、錬金術において大切な考え方として
 「一は全、全は一」というものがありました。
 自分も虫も木々も命そのものも、風も星も宇宙も全部で世界を作っていて、
 食物連鎖も星の生き死にも、ひとつの流れの中にあるということだと思います。

 錬金術(化学)的に言えば、「全ての物質は元素や素粒子の取りうる形のひとつ」
 という話だと解釈しています。


 もうちょっと柔らかく言いかえるなら、
 プラネテスの中の言葉で「この宇宙に俺に関係ない人間なんか一人もいねーんだ」
 と、同じような感覚で「この宇宙に私に関係ないものなんか無い」ってやつです。

 これを、バタフライエフェクトと言うか、風が吹けば桶屋が儲かると言うか、
 ピタゴラスイッチと言うかは解りませんが、これが華厳宗の考え方のようです。



 最後に「律宗(りっしゅう)」ですが、これは規律、法律、などの言葉でも使われる
 律、つまりルールをしっかり守ろう、教えようという宗派のようです。

 一応、この他の宗派にも律はあったようなのですが、かなりあいまいなものだったので、
 仏教を信じる人にルールを教える人を中国から呼んでくる必要があったようです。

 そこで、「鑑真和上(がんじんわじょう)」という人が呼ばれました。
 ところが当時は飛行機なんてありませんでしたし、海を渡るだけでも命がけです。

 命がけでない現在でも、他の国から相当偉い人に来てもらうには苦労するわけで、
 鑑真さんは日本に行こうと思っても周囲に止められ、また、海に出ても失敗するなどして、
 5回も失敗したそうです。

 6回目にやっと日本に来たときには、目が見えなくなっていたというので、
 相当な苦労をして日本に来てくれたわけですね。

 そして、この人によって、仏教を信じる人、修行をする人にルールが与えられました。
 (ルールを与えるには10人の有資格者が必要なので、他にもたくさんの方が来ました)


 そのルールには様々あるのですが、とりあえずすべてに共通する項目として
 「生物を殺してはいけない」、「盗みを働いてはいけない」、
 「むやみにエッチなことはしてはいけない」、「嘘はついてはいけない」、
 「酒は飲んではいけない」
 と言うものでした。
プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。