FC2ブログ

ルテチウム(Lu)の位置が腑に落ちない件


 どうもこんばんはライネです。
 さて今日は周期表におけるルテチウムの取り扱いについて考えてみましょう。

 まず、ルテチウムの電子がどうなっているのかご覧ください。

ルテチウム


 こんな感じで、実はルテチウムは既に内側の4f軌道を埋め切り、
 新しく5d軌道に電子を置く元素なのです。

ルテチウムの電子

 ということは、d軌道の遷移元素なのだと思うのですが、
 どういうわけか、物の本にはランタノイドに含まれることが多いようです。

 たしかにd軌道に電子が1個のもの、スカンジウムやイットリウムは希土類なので、
 そういう意味ではランタノイドでもおかしくはないのですが、
 ちょっと腑に落ちないですね。

 なので私の周期表ではルテチウムはランタノイドのグループではなく、
 イットリウムの下段の遷移元素と書かせていただいております。
 通常の周期表は、ランタンからルテチウムまでがまるっとイットリウムの下段に来るものなので、
 私の周期表とその後の違いはないのですが…

 ちなみに私の周期表を一足早く完成させたものがこちらになります。

 周期表α

 なんと現在発見されていない、存在できるのかどうかもわからない元素も入る仕様です。
 2周目や3周目が左右に分かれてその間に遷移元素が入っているのだから、
 たぶんこっちのほうがより正しい周期表だと思うのですが、やっぱり腑に落ちない!

 ちなみに当のルテチウムは、あまり利用価値がなく、
 そのうえ他の元素から分離するのも大変なため、ものすごく高価な元素なのだそうです。
スポンサーサイト



プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック