FC2ブログ

エネルギーとは、やっぱり火だった。


 どうもこんばんはライネです。
 エネルギーについて見てきたわけですが、
 なんとこの話が始まったのは今年の7月4日でした。


 人が火を使いだしたのが大体いまから100万年くらい前と言われています。
 実はこの年代にしてもあやふやで50万年程度前後する可能性があるようです。

 たしかに、火を使っていたかどうかなんてことは文字で残されていなければ解りません。
 当初は自然に発生した火を利用していたはずなので、
 火の跡があったとしても、使っていた火なのか、自然の火なのかの区別はつきにくいと言う訳です。
 少なくとも大体10万年程度前からは自分で火を起こせるようになったと考えられているようです。


 ちなみに火の作り方にはいろいろな方法があるのですが、私は鉄と硬い石があれば作れます(どやぁ)。
 もう3年近くやってないのでできるか不安ですが、昔は毎日やっていたのでできるハズです・・・。

 用意する物は、まずは鉄、これは「火打金(ひうちがね)」と呼ばれているようです。
 これは黄鉄鉱と呼ばれるものや、鋼でもいいらしいです。
 そして石、こちらは「火打石(ひうちいし)」と呼ばれているのですが、
 種類は特に関係なく、これは硬ければ基本的に何でもいいようです。

 あとは、火が付きやすいもの、これは「火口(ほくち)」と言うようなのですが、
 これも特に火が付きやすいふわっとしたものなら何でもよく、
 金田一少年の事件簿ではポケットに溜まったゴミでも火をつけていました。

 道具をそろえたら、あとは火口の上で火打金と火打石を打つだけで火が出ます。
 できれば火口の下には燃やしたい物を置いておいた方が手間がかからなくていいと思います。
 コツは力任せにやるより、素早くスナップを効かせてやった方がいいかもしれません。


 あとは、木を擦り合わせて摩擦熱で火を起こす方法などもありますが、
 これは結構手間なので、あんまりおすすめの方法じゃありません。


 こちらでは火が付きやすい薬品がついているマッチや、火打ちを簡単にしたライター、
 ボタンひとつでつくコンロもありますが、それでも火を使い続けていることは代わりません。
 電気だって、ほとんどは火から作られているわけです。


 3ヶ月かかって説明してきたエネルギーの歴史ですが、
 それは火をどう使うかの歴史でもあったと言う訳です。

 3ヶ月前の記事で、「エネルギーのほとんどは火もしくは熱を経由するもの」と言いましたが、
 熱と言えば、原子力や地熱、あとは太陽の熱で起こる風もこれに当たりますので、
 これに該当しないエネルギーは重力(と、太陽光)だけです。

 太陽光については、少し難しいところで、太陽が原子力を使って熱と光を出しているので、
 広い意味では「火もしくは熱」に該当するかもしれません。

 重力を使った発電としては水力発電や潮汐力発電がありました。
 水力は比較的大きな量の電気を生み出していますが、
 まだまだエネルギーと言えば火というのは変わっていない様です。

 というわけで、エネルギーに関するお話はこれにて終了!
スポンサーサイト



プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック