FC2ブログ

福島第一原子力発電所の事故について


 どうもこんばんはライネです。

 昨日は日本の原子力発電所が全て停止か点検中で、発電していないという話でした。
 その理由は、やはり福島第一原子力発電所の事故にあるようです。


 と言う訳で今日は福島第一原子力発電所の事故について触れておきましょう。
 私がこの世界に来る1年ほど前、2011年3月11日に「東北地方太平洋沖地震」という
 超巨大地震が日本の近くで発生しました。

 この大地震はによって発生した津波も含め日本の各地に大きな被害を与えます。
 これを「東日本大震災」という訳です。


 で、お気づきかもしれませんが、原子力発電所は基本的に海の近くに作られます。
 火力発電所も似たようなものなのですが、タービンを回すための水蒸気を冷やす過程で、
 海水を利用しているためなのだそうです。

 ところがこれが問題でして、地震の被害と共に津波によって、
 原子力発電所をコントロールするための電力が手に入らなくなってしまったのです。


 イメージとしては、ガスコンロに水の入ったヤカンを置いて、火をつけて水を温めていたら、
 コンロが壊れて、止めるボタンが押せなくなった状況に近いですね。

 ゆくゆくはヤカンの中に入っている水を全て蒸発させてしまい、
 それでもヤカンは空のまま熱されて、最後はヤカンすら融けてしまうというわけです。

 本来なら、空焚きになる前に、ヤカンの中に水を入れればいいわけなのですが、
 電力が手に入らないため、手が付けられなくなってしまいました。



 この他にも、過去に使った燃料も熱を出し続けており、
 これは核燃料プールという場所で冷やされているはずだったのですが、
 こちらも水が入って来なくなると、蒸発してしまい、同様の自体に陥るそうです。


 地震による被害に加えて、本来ならばしっかりと容器の中に入っているはずの燃料がとけだし、
 容器そのものも壊れてしまったことで、燃料から出る放射線が原子力発電所の周囲にもれてしまいました。
 現在、ゆっくりと解決に向けて動いているようですが、それでも周囲は立ち入り禁止となっているようです。


 地震や大きな津波がおこると、原子力発電所にはこのような事故が起こるため、
 危険ということで、少なくとも安全が確認されない限り、可動させることができない状況にあります。

 加えて、この大事故で原子力は危険だという認識が広がったことで、
 安全性が確認されたとしても、原子力発電所の周囲に住む人に再稼働の了解を得るのは難しいかもしれませんね。
スポンサーサイト



プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック