スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やんわり見るパレスチナ問題④


 どうもこんばんはライネです。
 やんわり見るパレスチナ問題、第4夜です。


 自分の国を失い、どの国でも弱い立場だったものの、
 経済的には成功することの多かったユダヤ人は2000年近くの間、世界各地で差別を受けます。

 そんな中、今から100年程前、「シオニズム運動」というものが始まりました。
 これはユダヤ人の国をパレスチナにもう一度作ろうというものです。
 そうすれば差別を受けることもなく、平和に暮らしていくことができると考えたわけですね。

 とはいえ、国を新しくつくると言うことは非常に難しいことです。
 ちなみにシオニズム運動が始まった当時、パレスチナは「オスマン帝国」という、
 いまのトルコにあたる国が支配している地域だったそうです。


 
 そんな中で、今からちょうど100年前、「第一次世界大戦」がはじまります。 
 第一次世界大戦について説明しだすと、また何日もかかってしまうので、
 とりあえず、大事な所だけ押さえておきましょう。

 これは、基本的には「ドイツ、オーストリア、オスマン帝国、ブルガリア」の同盟国と、
 「イギリス、フランス、ロシア」の連合国の戦争です。
 ちなみに日本は、イギリスと同盟を結んでいたので、連合国の仲間だったそうです。


 イギリスはオスマン帝国と戦争するにあたって、ユダヤ人の協力を得ることにしました。
 ユダヤ人の科学者であったヴァイツマンと言う人が火薬の原料を大量に作る方法を考案していたり、
 ユダヤ人のロスチャイルドという大銀行のオーナーがいたりと、
 ユダヤ人の協力が戦争の結果を左右すると考えたわけです。

 そして、協力を得る代わりに、もし、オスマン帝国に勝ったら、
 オスマン帝国が支配しているパレスチナにユダヤ人の国をつくってあげますよと約束したのです。

 これだけならば、そうしてパレスチナにユダヤ人の国ができました。めでたしめでたし。
 で終わるのですが、話は非常にややこしいことになります。



 実はイギリスはオスマン帝国と戦争するにあたって、もうひとつ約束をしていたのです。
 それが、オスマン帝国によって支配されていたアラブ人に、反乱を起こすように頼んだのです。

 戦争中に内部から反乱が起これば、イギリスにとって有利に戦争ができます。
 その代わりに、もし、オスマン帝国に勝ったら、
 オスマン帝国が支配しているアラブ地域を独立させてあげますよと約束したのです。


 ここで問題なのは、パレスチナにはたくさんのアラブ人が住んでいたというところです。
 オスマン帝国に勝ったイギリスは約束通り、パレスチナでユダヤ人が自由に住めるようにしましたが、
 そこにはアラブ人もたくさん住んでいました。

 当初は、ユダヤ人とアラブ人が上手い具合に共存していたのですが・・・ 
スポンサーサイト

やんわり見るパレスチナ問題⑤


 どうもこんばんはライネです。
 
 やっぱり長くなりました。
 さすがは、世界で一番ややこしい問題なだけあります。
 と言う訳で、やんわり見るパレスチナ問題、第5夜です。



 第一次世界大戦後、イギリスの「二枚舌外交(にまいじたがいこう)」によって、
 パレスチナには、アラブ人とユダヤ人が暮らすことになりました。

 なお、これに加えてオスマン帝国の跡地をフランスと半分こしようという約束もあったので、
 「三枚舌外交(さんまいじたがいこう)」とも言うようです。


 結果的にはこれのせいで、とんでもなく複雑なパレスチナ問題へと発展してしまったのですが、
 どうやら、これらの約束は矛盾しないという見方もあるようです。

 とりあえずこのあたりをざっくり整理しておきましょう。
 まず、ユダヤ人に約束したパレスチナがあります。
 そして、フランスとの約束だったオスマン帝国跡地の半分こがあります。

 最後に、アラブ人に約束した独立ですが、
 アラブ人は確かにパレスチナにも住んでいたものの、
 当初アラブ人国家として独立を考えていたのは、オスマン帝国跡地のうち、
 イギリスが管理する部分だけだったそうです。

 また、パレスチナは最初からイギリスでもフランスでもないとされていたようです。
 確かにイギリスの想定通りならば、こんなに複雑な話にはならなかったハズなのです。

 事実、当初はこれほど複雑な問題にもならず、たしかに一部、予定と違う部分はあったものの、
 パレスチナはユダヤ人とアラブ人が住む地域として機能していたそうです。
 


 ところが、次第にバランスが悪くなっていきます。
 その理由はいろいろとあるのですが、ひとつは人口バランスの悪化です。
 第二次世界大戦ではドイツでユダヤ人の虐殺がおこり、
 大戦後には多くのユダヤ人がパレスチナに移住しました。

 また、パレスチナの経済についても、世界で銀行業を成功させたユダヤ人と、
 元々その地域に住んでいた多くのアラブ人との間でバランスがだんだん悪化していったようです。

 そして、このアンバランスさによる諸問題をなんとかしようとして
 国際連合はパレスチナをユダヤ人の住む土地とアラブ人が住む土地の2つに分けようと言いました。
 これが「パレスチナ分割決議」と言うものです。

やんわり見るパレスチナ問題⑥


 どうもこんばんはライネです。
 さて、今日は手短に「パレスチナ分割決議」について見ていきましょう。

 パレスチナに住むユダヤ人とアラブ人がだんだんと険悪になってきたことで、
 もうイギリスが間に入るのも限界になり、その結果国際連合が本腰をあげて、
 正式にそれぞれの民族が住む場所を分けたのがこれです。



 ひとまず、分割決議の結果を先に見てみると、
 ユダヤ人の住む地域とアラブ人の住む地域を大体半分くらいで分けようというものでした。

 まあ、半分なら痛み分けかとも思えるのですが、ふたつの民族の人口比率を見てみると、
 圧倒的にアラブ人の方が多く、人口密度はアラブ人の土地の方が高くなるというものだったのです。

 どうやら、その後2000年ぶりに世界中からパレスチナに帰ってくるユダヤ人の数を考えてのものだったようですが、
 アラブ人からしてみれば、受け入れられない話でした。
 けれどもユダヤ人はこれで良しとし、その土地をもって念願のユダヤ人の国「イスラエル」を建国したわけです。


 たしかにちょっと気が早いかもしれませんね。
 ユダヤ人からすれば、国連が決めたんだからそれに従うという大義はあるわけですが、
 もう一方のアラブ人が満足していないのだから、まだ話し合いの余地はあったと思います。

 また、現在ではこの国連による分割決議そのものにもウラがあったのではと考えられているようです。
 例えば、莫大なお金を持っているユダヤ人が、そのお金でユダヤ人側が有利になるように動いたのだとか、
 そういうキナ臭い話がわんさかあるわけです。


 アラブ人からすればイスラエルの建国もそうですが、そうなるように動いたアメリカやヨーロッパの国々を許せない
 というのも解らない話ではありません。
 けれども、話し合いでは決着がつかず、残念ながらその結果、
 「第一次中東戦争(だいいちじちゅうとうせんそう)」へと発展してしまったわけです。


 というわけで、ここからがパレスチナ問題の始まりです。
 あくまでもここまでの一週間にもわたる記事は、この問題に至る過程でした。
 ここからは、部外者の私がおいそれと口を挟んで良いものか悩みますが、
 要点を絞ってやんわり説明していこうと思います。

やんわり見るパレスチナ問題⑦


 どうもこんばんはライネです。

 世界で一番ややこしい問題というだけあって、なんとここまで一週間もかかっています。
 しかもここからが余計にややこしいから、たまったものではありません。


 この問題のややこしさの原因は、大きくわけて3点あります。
 まず、ひとつは宗教的な要素です。

 実はユダヤ教と言う宗教はヨーロッパやアメリカなどで広く信仰されるキリスト教と、
 アラブ地域などで広く信仰されるイスラム教に強い影響を与えた宗教なのです。

 というより、基本的には同じ神様を信じている宗教です。
 3つの宗教の根本的な違いは、神様の言葉を伝えた人、
 つまり「預言者(よげんしゃ)」に対する扱いの違いです。


 3つの宗教に共通する神様は、全知全能で唯一の神様なのですが、
 この神様は、いつでもどこでもいるうえに、普通の人には何を言っているのかさっぱりなのだそうです。

 そして一番古いユダヤ教の場合、モーセさんなどいろいろな預言者によって、
 神様の言葉が人間の解る言葉に訳され、みんなでその言葉を守ろうとしたわけですが、
 ローマ帝国に国を壊されて以降は、もう預言者は現れず、その時点の言葉を守り続けているそうです。

 続いてキリスト教の場合は、キリスト本人が預言者であることに加えて、
 キリストが実は神様の一部であって、この人の言うことは神様自身の言葉という立場です。
 今風に言えば対有機生命体コンタクト用ヒューマノイド・インターフェースということでしょうか。

 そしてイスラム教は、「ムハンマド」さんという人が預言者で、
 この人こそが最後にやってきた正真正銘本物の預言者という考え方です。


 この様に、同じ神様を信仰していても、
 どの預言者の言葉を信じるかという点で、3つの宗教が分かれているわけです。
 ですが基本的にキリスト教はユダヤ教、イスラム教はキリスト教とユダヤ教の教えを完全に無視する物ではなく、
 一部では共通する部分もあります。

 むしろそれがあるのが難しいところで、
 実はパレスチナの中でも「エルサレム」という土地はユダヤ人にとって、
 神様と共にあった聖地であると同時に、キリスト教でもイスラム教でも聖なる土地なのです。

 ということは、イスラム教を信じるアラブ人にとっても、
 ユダヤ教を信じるユダヤ人にとっても、この土地だけは譲るわけにはいかないわけです。
 同じ神様を信じているなら、仲良くやればいいと思うのですが。

やんわり見るパレスチナ問題⑧


 どうもこんばんはライネです。
 今日のテーマはパレスチナ問題のややこしいところ、その2です。
 それは、周りがうるさいというものです。

 そもそもパレスチナ問題というものは、国連の分割案に従って誕生したユダヤ人の国「イスラエル」と、
 それに反対するパレスチナに住むアラブ人、いわゆる「パレスチナ」の対立という構造が基本にあります。


 今回の話はあまりに複雑すぎるので、例え話で進めます。
 例えて言うなら、とある兄弟の家に、お土産のケーキが届きました。
 それをお母さんが二つに分けてくれたのですが、
 それに納得した兄と、不満を覚えた弟が始めた兄弟ケンカがはじまりました。

 特に序列に深い意味はありませんが、兄をイスラエル、弟をパレスチナとして考えてみましょう。
 この兄弟ケンカに対して、近所に住んでいた弟の友達たちが、弟の加勢に来ました。
 これが「第一次中東戦争」と呼ばれるものです。

 こんなに弟グループが多いと、さすがの兄も勝ち目がないと思われたのですが、 
 お母さんによる兄弟ケンカ禁止令の間も抜け目なくケンカの準備をしていた兄が勝ちます。  
 

 
 それから数年後、近所でも有名な兄弟ケンカとして語られるようになった頃、
 兄弟の家の裏にあるカブトムシがたくさん取れる宝の木の所有について、縄張り争いが起こります。

 実際の所、この縄張り争いに関して兄弟はほとんど無関係なのですが、
 かつて弟の味方をした子が敵側に居るということで、兄の協力を求める勢力がいたわけです。
 これを「第二次中東戦争」と言います。



 さらにそれから数年後、第一次中東戦争によって兄弟の家では兄の権力が圧倒的に強くなったのですが、
 兄が一番大切にしていたものだけは、弟の味方をした隣に住む子に奪われたままだったことや、
 なんだかんだで兄への小さな復讐を繰り返す弟と隣に住む子にしびれを切らし、
 兄は「第三次中東戦争」を起こします。
 結果、兄は例のカブトムシの木周辺も含め、周りから恐れられる存在となりました。



 そしてさらに数年後、この辺がややこしいのですが、今度は仲直りするための戦争が起こります。
 正確に言うと仲直りして、せめて兄からカブトムシの木周辺の権利は返してもらいたかった子たちが、
 もう一度兄と戦って、ちょっとでも強いところを見せて認められようとしたわけです。
 これを「第四次中東戦争」と言います。

 ところが兄は兄で、あまりの強さにあまり味方をしてくれる人も少なくなり、
 結果、苦しい戦いになりました。
 


 この戦いも一応の決着がつき、それ以降は本格的な兄弟ケンカも起こらなくなったものの、
 いまでも、ことあるごとに小競り合いが続いています。
 小競り合いといっても実際には、人の命が失われるような戦闘なので、
 兄弟ケンカで片づけていい話ではありません。

 また、このように、実際には兄弟とは関係のない国が色々な利益をもとめて、
 複雑な協力関係を結んでいるというのがこの問題の一筋縄ではいかない所なのでしょう。
プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。