スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉と文字の誕生

 どうもこんばんはライネです。

 私は現在、ほぼ不自由な思いをすることなく日本語を使っていますが、
 それはかなり大きな割合で、ネイティブな日本語話者の先生と暮らしているからだと思います。
 その結果、私の「語彙(ごい)」は、先生が良く使う言葉、もしくは先生が使える言葉を
 真似ているので、もしも日本語として変な言い回しがあったなら、それは先生のせいです。


 さて、昨日は文字の誕生という話をしましたが、恐らく言葉そのものは、
 もっともっと古い時代に生まれたものなのでしょう。

 言葉がいつ誕生したのか詳しいところは解っていないそうですが、
 その生物が持っている「声を出す」という能力の範囲でうまい具合に自分の意思を
 他人に使えるように整えていったものが言葉なのだと思います。


 言葉の面白いところは、それが意思を伝える道具として、
 おそらく色々な地域で生まれたり、変化していったため、
 今も世界中で様々な言葉が使われているということです。

 それを勉強しなければ他の言葉を使っている人に意思を伝えられないという
 面倒なところはありますが、むしろ「道具」が地域によって様々な形に変化していったというのは、
 「物づくり(工業製品)」とは違いますが、何か似たようなところがあると思います。


 けれども、だからこそかも知れませんが、地域によって「存在しない単語」というものがあるわけです。
 何かと話題になったものとしては「MOTTAINAI」ですね。
 日本語の「もったいない」という単語は、他の地域にはない意味を一語で示しているのだそうです。

 このような単語の有無は、確実にその地域の中で必要だから生まれ、不必要だから生まれなかったのでしょう。
 それはまるで、化学の世界で新しく作った元素に名前を付けるように、
 名づけるものが無ければ、言葉は生まれないわけです。


 実は、日本は今から100年ちょっと前まで、
 鎖国といって、他の地域との付き合いをかなり制限した生活をしていたそうです。
 そして、それをやめたとき、知らない言葉、知らない意味がたくさん輸入されました。

 その頃、それに対応する日本語がたくさん生み出されたのだそうです。
 その生み出し方にはいろいろあって、完全オリジナルで生み出してしまったものや、
 元々あった言葉に新しい意味を加えたものなど、やり方はいろいろあったようです。


 んで、私が調べた限りですが、どうやらその中に「文明」という言葉があります。
 これはどうやら元々あった言葉に新しい意味を加えたものなのだそうですが、
 意味としては「人間社会」というようなものです。

 ここからは私の完全な想像なのですが、もし「文」章で「明」らかになる(社会)なのだとしたら、
 それはまさしく歴史時代の始まりを示しているのかもしれませんね。
スポンサーサイト

家内制手工業

 どうもこんばんはライネです。

 青銅器時代は、どうやら青銅器の道具そのものよりも、
 それを作るための技術が登場した事の方が重要なようです。
 この様に、金属を加工して新しい素材をつくることを「冶金(やきん)」と呼んでいます。

 その後の鉄器時代も、同じように鉄を扱えるようになったこと、
 つまり高温の火をある程度自由に使いこなせるようになったことが重要なようです。

 
 そしてそのあとは文字記録によってその様子を知ることのできる歴史時代に入るわけですが、
 ここからは細かい発明品(工業製品)はたくさん登場するものの、
 それらすべてを説明するわけにもいきません。


 なので、「作ったもの」の話ではなく、「作り方」の話をしていこうと思います。
 人類(もしかすると人類が誕生するよりも少しだけ前の生物)が行う工業は、
 基本的には「手作り」で行われてきました。

 それこそ現在では機械を使った工業がたくさん行われていますが、
 それは精々200年程の歴史しかないようです。


 手作りで行われる工業を「手工業(しゅこうぎょう)」といいます。
 最初の工業は、自分で必要な物は自分で作るという形だったはずです。

 それが、農業が安定して行われるようになると、
 必ずしも自分で食べるものを自分で作らなくてもいいようになり、
 手先の器用な職人さんが、さらにその技術を磨いてものを作るようになります。

 現在は、だれが作ったのかなんて解らないものをたくさん使っているわけですが、
 おそらく最初の頃はこういうのを作ってくれないかという注文に対して、
 職人さんがオーダーメイドで作ったのでしょう。

 
 このスタイルを「家内制手工業(かないせいしゅこうぎょう)」と言います。
 ざっくり言えば、職人さんがその家に弟子なんかを集めてモノづくりをする感じですね。

 けれどもこれだと、作る量もあまり多くはできませんし、
 注文する方も、お金に余裕のある人でなければできません。
 一般人はやっぱり必要なものは自分で作るということが多かったのでしょう。

問屋制家内工業とは


 どうもこんばんはライネです。

 昨日は家内制手工業の話でした。
 工業だけでなく、他の産業全てに共通する話ですが、
 世の中には上手くやれる人もいれば、失敗する人もいるわけです。

 例えば、同じ道具でもたくさんの人が欲しがるようなものが作れる技術があったり、
 高くても欲しいと思わせるようなものが作れる技術を持った人は成功するかもしれません。

 技術はなくても、安くたくさん作れれば、それはそれで成功するかもしれません。 
 その他にも、宣伝方法やお金のうまい使い方ができる人は成功するかもしれません。

 技術的な面だったり、効率的な面だったり、経営的な面だったり様々ですが、
 とにかく、上手くやれた人には次のチャンスがやってきます。

 例えば、家内制手工業で成功した人は、手工業を行うために必要な道具をより良いものに変えることができたり、
 よりよい材料を手に入れることもできるようになります。

 もちろんそのより良い道具や材料を自分で使うことで、
 さらによい製品を作れるようにもなりますが、一部の人はそれをちょっと違う使い方をしました。



 例えば、道具と材料を、他の家内制手工業を行っている職人さんに貸して、
 自分の代わりに色々なものを作ってもらいます。
 そして出来上がった製品を買い取って、商人に売って差額を稼ぎます。

 「商人が売る製品」を売る、つまり現在で言う所の「卸売(おろしうり)」です。
 これを古くは「問屋(とんや)」と呼んでいたそうです。
 問屋が、家内制手工業をしている人達を管理して製品を作らせるので、
 このシステムを「問屋制家内工業」と呼んでいます。

工場制手工業へ

 どうもこんばんばライネです。

 昨日説明した問屋制家内工業ですが、これにはひとつ欠点があります。
 道具と材料を渡して、家内制手工業を行う職人さんたちに製品を作ってもらうわけですが、
 これだと、問屋がそれぞれの家を回って様子を見ることしかできないのです。

 簡単にいえば、管理することが難しいということですね。
 すべての職人さんがまじめならいいのですが、気分次第で仕事をする人や、
 仕事そっちのけで遊んでしまう人もいるかもしれません。

 そうなってくると、目的の製品がほしい数作れなかったり、
 中には道具を材料をもって夜逃げする人もいるかもしれません。



 というわけで、問屋制家内工業で成功した人たちは、
 よりよいシステムへとさらに変化していきます。
 それが「工場制手工業(こうじょうせいしゅこうぎょう)」と呼ばれるものです。

 「マニュファクチュア」とも呼ぶらしいのですが、
 これはよりたくさんのお金を稼いだ人が、工場を建てて、
 その中でたくさんの人手を使って工業製品を作っていくというものです。

 この段階まで来ると、工場を作るようなお金持ち(資産家)と、
 工場で働くような人たち(労働者)の差は大きくなっていたようです。

 また工場制手工業では、それまでのようなすべての工程を一人で作ってしまうような、
 高度な技術をもった職人でなくとも、単純作業を大勢でこなすことで、
 より多くの製品を作れるようになります。
 そのため、少数の資産家が多数の労働者を集めて工業製品を作るという流れになりました。


 今でこそ、立場的に弱い人を守ってくれるような法律などが整備されていますが、
 そんなものがない頃の労働者はどんな立場だったのか考えると恐ろしいですね。

工場制機械工業

 どうもこんばんはライネです。
 一番最初に行った工業から、工場制手工業まで見てきたわけですが、
 基本的に手作業で製品を作るという点では全て共通してきました。

 けれども西暦1800年より少し前くらいに、大きな変化が起こります。
 色々な条件が積み重なって、ついに機械を使ったものづくりが始まるのです。

 こうやって機械を使ったものづくりを「工場制機械工業」と呼んでいます。
 人の手によるものづくりと、機械によるものづくりの大きな違いは、
 休む必要が無いということです。

 もちろん、機械の性能を維持するためにある程度のメンテナンスは必要になりますが、
 壊れない範囲内であれば、24時間動かし続けることができます。
 なにより、どんな重労働であっても文句は言わず、お給料も求めません。


 とはいえ、科学の進んだ現在でも、工業に人の手は必要です。
 なので、機械を使った工業といっても、完全に機械だけでものを作るというより、
 手工業でつかってきた物とは格段に性能の良い複雑な道具をつかうことで、
 誰でも便利に、早く、大量に物が作れるようになったといったほうが良いでしょう。


 また、手作業で無いぶん、ひとつひとつの性能の差は少なくなりました。
 現在では例えば同じメーカーの同じ種類の製品なら、どれを買ってもほとんど同じですが、
 手工業が中心だった時代は、同じ職人さんが作った製品でも、
 当たり外れは少なからずあったはずです。



 ちなみに、250年近く前に始まったこの工場制機械工業は、
 現在でも広く行われている工業となっています。

 ただし、つくる製品によってはまだまだ手工業も現役です。
 むしろ、手工業によって作った製品のほうが、
 本当に熟練の職人さんによるものなので、高いけれど質が良いそうです。
プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。