スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥が深すぎる稲の品種の世界

 どうもこんばんはライネです。

 銘柄米としてこれまで説明してきたお米ですが、
 基本的にこれらのお米は、それまであったお米を交配して作った品種なのだそうです。

 今日はその辺の流れをまとめようとしたのですが、
 恐ろしいほどに複雑なので間に合いませんでした。


 人間の家系図のように作図していたのですが、
 例えばコシヒカリのような優秀な品種はいろいろな品種と掛け合わせることが多かったです。

 「何人の奥さんと子供を作ってるんだ!」とか、「曾孫と子供作ってる!」とか、
 人間に置き換えるとなんともインモラルな世界がそこに広がっていました。



 それだけでは申し訳ないので、ひとまず今日調べた成果をひとつ。

 農作物にも特許というか、著作権のようなものが存在するそうです。
 たしかに、品種改良を行って良い農作物を作っても、それを勝手に増やされては困ります。

 そこで、農林水産省が品種登録というものを行っていて、
 これに登録することで、権利が守られるのだそうです。

 そのさいの登録名などにもかなり複雑な決まりがあって、
 既存の品種に良く似た名前とか、赤くないのにレッドとつけてしまうとか、
 これだけ見ても面白かったです。


 ついでに、あまりにも申し訳ないので、作りかけですが、こんな感じになりました。
 時間はかかりますが、完成した時にまた報告します。
 銘柄米の系譜(仮)
スポンサーサイト

東北地方の米どころ

 どうもこんばんはライネです。

 昨日はどうもすいませんでした。
 良くわかったことは、銘柄米は複雑な組み合わせの元に作られているということですね。

 というわけで、今日はそんな銘柄米が作られている東北地方について見て行こうと思います。
 新潟県については、東北地方に入ったり、中部地方に入ったり、関東甲信越地方に入ったりと、
 扱いが難しいのですが、今回は作図に関係で東北地方に入っていただきました。

東北地方の米どころ



 北海道の時はできるだけ細かいところも載せたのですが、
 東北地方ではかなり細かいところでも稲作を行っているので、
 今回は地名が大きく乗っているところを優先的に載せさせていただきました。
 魚沼に関しては少し例外ですが…。

 細かくどこでどんな銘柄を作っているのかも調べてみたのですが、
 実際は農家さんごとに何を作るか選択しているわけで、
 「ここではこれ」というように、わかりやすく地域区分することはできませんでした。

 ただ、やはり大きく見ればこの前作ったこれに準拠しているようです。 

都道府県別品種別稲生産量


 
 ちなみに県内の作付面積が半々くらいの青森県については、
 全国農業協同組合連合会青森県本部のサイトに記載がありました。

 津軽中央・津軽北西・南部平野内陸地帯の気候条件に恵まれた地域で「つがるロマン」を、
 つがるロマンが主力の地域を除く県下全域で「まっしぐら」を作っているそうです。


 こういうことが書いてあると、調べる身としても大変楽で、ありがたいですね。
 ささやかなお礼として今度、青森県産のお米を買ってみます!

銘柄米の家系図 ~コシヒカリファミリー~

 どうもこんばんはライネです。

 今日くらいの気温が最高だと思います!
 でも、明日は雪が降るそうです・・・。


 さて、今日は先日断念した銘柄米の系譜を追いかけようと思います。
 試行錯誤したものの、かなりぐちゃぐちゃになってしまい、
 あまり見やすいものではないのですが、
 日本で作られている銘柄米の上位9品種について、その関係を図化してみました。

銘柄米の系譜

 
 本当は10位まで図に入れようと思ったのですが、
 図の関係上どうしても入れるスペースが無くなってしまいました。

 ちなみに上位9位は図中でピンク色になっている品種です。
 これらの作付面積を加算すると、日本の水稲作付面積全体の約3/4になります。
  ※米穀安定供給確保支援機構 平成24年産水稲の品種別作付割合(主食用米)より

銘柄米の作付割合

 中身を見てみると、コシヒカリの影響力に、ただただ感心させられます。
 まず、コシヒカリそのものの作付面積が全体の37%あって、
 それだけで2位のひとめぼれの4倍近い数字になっています。

 また、その2位のひとめぼれもコシヒカリの子供で、
 3位のヒノヒカリも、4位のあきたこまちもコシヒカリの子供ということになるようです。
 これだけで日本の水稲面積の約64%がコシヒカリとその子供というからすごい話です。


 なお、上位9位までの銘柄米とコシヒカリとの関係はこんな感じになっています。
  1位 コシヒカリ …本人
  2位 ひとめぼれ …父
  3位 ヒノヒカリ …父
  4位 あきたこまち…父
  5位 キヌヒカリ …祖父の突然変異体
  6位 ななつぼし …曾祖父
  7位 はえぬき  …祖父
  8位 まっしぐら …曾祖父(母方も曾祖父)
  9位 きらら397  …曾祖父

 生産量は作付面積に比例しますので、
 日本で作られているお米はコシヒカリ一族と言っても過言ではないのでしょう。

青森県のりんご生産量

 どうもこんばんはライネです。
 雪が降ったと喜んでいたら、すぐにやんでしまって残念でした。

 さて、今日は東北地方で行われている稲作以外の農業に焦点をあてましょう。
 私でも知っているほど有名なものは、例えば青森のリンゴですね。

リンゴの生産量


 平成23年の都道府県別リンゴの生産量を見てみると、
 青森県が日本で作られるリンゴの半分以上を作っていることが解ります。

 ちなみに2位の長野県を除くと、上位に入る都道府県には東北地方が圧倒的で、
 3位~5位は表の通り、残る秋田県は6位、宮城県は8位となっています。
 (飛ばした7位は群馬県)

 東北地方で見ると、その生産量は日本全体の74.3%と、
 日本のリンゴの3/4は東北地方産という訳です。

 
 なお青森県のリンゴは、県を代表する特産物ということで、
 青森県にはりんご果樹課という部署までありますし、青森県立弘前実業高校の藤崎校舎には、
 リンゴの栽培などについて学べる「りんご科」というものまであります。

 残念ながら、この学校は数年後には無くなってしまうらしいのですが、
 相当な力を入れていることは解ります。
 ちなみに、青森県のリンゴ栽培は主に、稲作が盛んな津軽平野の南部で行われているそうです。

山形県は洋ナシとさくらんぼ

 どうもこんばんはライネです。

 雪は降ってないのに、こんなにも寒い!
 おとといはあんなに暖かかったのに…。


 さて、今日は東北地方で作られているリンゴ以外の果物について見て行きましょう。
 再び農林水産省の統計を使って、表を作ってみましたのでご覧ください。

東北地方で作られている主な果樹


 こちらは新潟県を含む東北地方のどこかの県が上位5位までに入る果物を
 ピックアップしたものなのですが、山形県と福島県が頑張っているようです。

 特に山形県は「西洋なし」と「おうとう」では他県を大きく引き離すほどの
 産地だと言うことが解ります。

 山形県内でも稲作中心の庄内平野に対して、
 これらの果物は、山形盆地を中心とする県の東部で多く栽培されているようです。


 ちなみに、おうとうとは、いわゆる「さくらんぼ」のことです。
 さくらんぼというからには、桜の実なのですが、
 日本でよく見られる桜(ソメイヨシノ)の実は食用ではなく、
 さくらんぼを付けるのは「実桜(みざくら)」という品種なのだそうです。


 ついでに、日本なし(和なし)と西洋なし(洋なし)ですが、
 こちらは見た目が丸いのが日本なしで、見た目が細長いのが西洋なしなのだそうです。
 また、日本の西洋なし生産量の70%近くが「ラ・フランス」という品種です。
プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。