スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稲作を行いやすい場所

 どうもこんばんはライネです。
 長らく脱線しましたが、集約的稲作農業の話に戻ります。

 集約的稲作農業がモンスーンの影響の強いアジアで行われているというのは
 説明した通りなのですが、地域によってやり方が微妙に違うようです。

 という訳で、そのへんの様子を見て行きましょう。
 まず、日本の場合、ほとんどの稲作は水田を使って行われていますが、
 畑で作ることができる稲もあるらしいので、
 稲作は絶対に水田で行われているというのは少し間違いです。

 逆に水田ではワサビなどを作ることがあるので、
 水田では絶対に稲作が行われていると言うのも間違いです。


 間違いですが、ほとんどの場合、水田と稲作は切っても切れない関係にあり、
 日本の他の稲作地域でも水田が使われている地域の方が圧倒的に多いようです。

 ちなみに、先ほどの畑での稲作を「陸稲(りくとう・おかぼ)」と呼ぶらしいのですが、
 手間は畑の方が楽なものの、長い目で考えると水田の方が良いそうです。

 水田を使う場合、稲を植える前に、他の場所で稲を種からある程度育てる必要があります。
 それに対して、畑は種をそのまま植えることができるそうです。
 けれども、水田ならば、水が土地の栄養分やら悪い成分をうまい具合に均してくれるそうです。
 その結果、何年も同じ場所で稲作を行うことができるのだとか。


 そして、水田の場合、水を張る必要があります。
 単純ですが、これがなかなか重要なポイントなのです。

 水を張るということは、土地が平らでなければ、どこかが深くなったり浅くなったり
 してしまう訳です。
 稲の品種によっては深い場所で育つものもあるらしいのですが、
 ひとつの水田の中で水の深さを考えて作る品種を変えるというのもおかしな話です。

 そんなわけで、水田を作る場所として平らなところが重要になってくるわけです。
 そうなってくると、日本のように新期造山帯に属する地域は、
 あまり水田に適した土地が多くないと言う問題を抱えていることになります。

 そういった場合、斜面を階段状に作り替えて、狭い水田をたくさん作るという、
 「棚田(たなだ)」という方法もありますが、そういう場所では今度は、
 田植えや収穫などに大型機械を使うことが難しくなってしまいます。

 というわけで、水がたくさんある平らな土地というのが、
 稲作を行う上でとてもやりやすい場所のようです。
スポンサーサイト

洪水が起こる地域での稲作

 どうもこんばんはライネです。
 稲作は確かに暖かく、雨の多いアジアで行われているわけですが、
 そういう環境でも、日本と同じような稲作が行えないような地域もちらほらあります。

 そのひとつが、昨日説明した斜面の急な地域で、棚田と言うやり方で克服していました。
 ところが、日本と同じような稲作が行えない地域はもうひとつあるのです。

 それが、ガンジス川、エーヤワディー川、チャオプラヤ川、メコン川といった、
 インドから東南アジアにかけての河川の河口部です。

東南アジア

 河川の河口部という場所は、普通は平坦で水も豊富にあるため、
 条件としては申し分のない稲作地帯ではあるのですが、
 この辺りは雨季になるとものすごい量の雨が降るそうです。

 その結果、水田どころではないくらいの大洪水が起こってしまいます。
 いくら水の多いところで育つ稲とはいえ、完全に水没してしまうと、
 呼吸ができなくなり、死んでしまいます。


 さて、ではこのような地域ではどのような対策が取られているのかと言いますと、
 この環境にも適応したちょっと変わった稲が育てられているのだそうです。

 その稲の名前は「浮稲(うきいね)」と呼ばれています。
 この稲は、通常なら日本などで植えられている稲と変わらないのですが、
 水が増えてくると、ものすごい速さで伸びるという性質があるそうです。

 その結果、洪水がおこっても、完全に水没することなく、
 それこそ数メートルの高さまで伸びるのだそうです。

 ただ、浮稲の品種は収穫量が通常の稲に比べると少ないらしく、
 現在はこの辺の対策を遺伝子レベルで行っているそうです。

アジア以外での稲作地域

 どうもこんばんはライネです。
 今日は稲作に関する数字を調べてみました。


 まず、2010年時の世界の米生産量は67,202万トンだそうです。
 地域ごとの内訳を円グラフにするとこんな感じになります。

米の生産量

 やっぱり、モンスーンの影響を受けるアジア地域で盛んに行われているだけあって、
 アジアが世界の米の9割を生産していることになりますが、
 実は残りの約10%はアジア以外でも生産されていると言うことが解ります。

 確かに稲とは言っても植物なので、気候的な条件さえそろえばどこでも栽培は可能なようです。
 ちなみに残りの割合は、南アメリカ3.5%、アフリカ3.4%、北アメリカ2%、ヨーロッパ0.7%
 となっています。

 国別でみると、圧倒的にアジアが多い中で、ブラジル、アメリカ、マダガスカルなど、
 アジア以外の地域も出てくることが解ります。 

米生産国

 というわけで、稲作はアジア以外でも行われているのですが、
 ホイットルセーさんの農業地域区分では、アジア以外で「集約的稲作農業」が行われているのは、
 マダガスカルのみで、アメリカやブラジルでは他の農業が行われていると書かれています。


 でも、地図帳で可能な限り調べてみると、アメリカではサクラメント川の流域や、
 ミシシッピ川の河口部、ブラジルではリオグランデドスル州などで、
 稲作が行われていると書かれていました。

アメリカの稲作地域


 ちなみに、今後出てくる農法なのですが、ホイットルセーさんの農業地域区分では、
 サクラメント川流域では「地中海式農業」、ミシシッピ川河口では「プランテーション農業」、
 リオグランデドスル州では「混合農業」が行われていると書かれています。
 ここから推測できることは、

 「ホイットルセーさんによる農業地域区分が行われたあとに、
  新しくこれらの地域で稲作が行われるようになった」

 もしくは、

 「稲作ではあるけれど、異なる農業によって作られる農作物のひとつと扱われている、
  つまり集約的稲作農業だけが、米作りではない」。

 ということが読み取れます。
 どうやら農業地域区分は年々、改良されているらしいので、
 それを考えると、後者の方が正しいようですね。

炊飯器を使わないお米の炊き方

 どうもこんばんはライネです。
 今日はお米の食べ方について調べてみました。

 当初は先生に教わりつつやっていた料理も、
 最近では先生より手際よく作れるようになりました。
 継続は力ですね。

 けれども恥ずかしながら、お米は炊飯器が無ければ炊くことができません。
 この前先生から教わったばかりなのですが、正しくは「ジャー炊飯器」と呼ぶのだそうです。
 で、「ジャー」というのは、食べ物を保存する容器の事を言うらしいです。
 ちなみに先生は、伊集院のラジオで教わったらしいので、リスナーの方はご存じだと思います。

 元々は、ジャーという炊いたお米を温めておくだけの道具もあったらしいのですが、
 これにご飯を炊く機械が組み合わさったものが現在のジャー炊飯器なのだそうです。
 

 この便利な道具は、研いだお米と水を入れるだけで、
 あとはボタンひとつで全部やってくれるわけですが、
 これが無かったらお米はどうやって炊けばいいのでしょうか?

 要するにお米に水を吸わせて煮込めば食べられると思うのですが、
 どうやらその方法には少々難しいコツがあるようです。
 

 素晴らしいことに、農林水産省のウェブサイトに、詳しい作り方が乗っていたので、
 紹介させていただきます。


 ①米を洗う(軽くかき混ぜてから水を捨てるのを3回くらいが良いらしい)
 ②鍋に洗った米を入れ、米の1.2倍の量の水を入れる。
 ③そのまま、30分から1時間ほど放置する(米に水を吸わせる)
 ④鍋にふたをして中火にかける。
 ⑤沸騰している音が聞こえたら、弱火にして10分程度煮る。
 ⑥最後に強火で20秒ほど煮て、火を止める。
 ⑦そのまま10分ほど放置する。


 さて、ここで問題となるのが、とある言い伝えです。
 「はじめちょろちょろ、なかぱっぱ…」
 ちょろちょろとはどういう事なのでしょうか?

 どうやら、色々と調べてみたところ、この炊飯に関する言い伝えは、
 火のコントロールが今ほど簡単ではなく、そのうえ科学的な検証が行えない時代の
 お米の炊き方だったようです。

 農林水産省のウェブサイトに書かれたやり方は、美味しいお米の炊き方であり、
 ただのお米の炊き方に比べると、いろいろと違う部分があるようです。
 確かに勢いよく燃えている火を急に弱くしろと言われても、難しいですね。

 また、一説には、火力のコントロールではなく、ガラス製の鍋なんかなかった頃、
 唯一の頼りだった耳に入る音の変化を表現したものだとも言われています。


 全てをまとめると、ただ煮込み続けるだけでなく、
 一度沸騰させた後、しばらく放置するというのがお米を炊く技というわけです。

 恐らく100年前には普通に行われていた炊飯も、
 炊飯器の登場で伝承の意味すら不確かになってしまっていると言うのは、面白いですね。

キング・オブ・深夜バス

 どうもこんばんはライネです。

 「KING」即ち、王と呼ばれるものはいろいろあります。
 国の王様という意味が一般的ですが、特定分野で圧倒的な存在感を示すものも、
 王と呼ばれるようです。

 けれども、旅行関係において、特に水曜どうでしょうファンにおいて、
 KINGとは即ち、キングオブ深夜バス、「はかた号」を示すわけです。

 はかた号とは、東京から福岡まで半日以上かけて運行しているバスでして、
 鈴井さんいわく、「ケツの肉が取れる夢を見る」バスとして、
 日本国内で最長距離を移動するバスとしてごくごく一部で有名です。
 
 
 普通なら、外から笑っている程度で済まされるのですが、
 うちには1名ほど、冗談半分で乗りたがる人がいるのが問題なのです。

 いいですか先生。
 鈴井さんや大泉さんより、貴方はおしりにかかる質量が大きいのですよ?
 本当に取れちゃうかもしれないんですよ!?


 そんなキングですが、どうやら現在はキングの名前を譲り渡してしまったそうです。
 新たなキングの名前は「Lions Express」。

 はかた号が東京(新宿)~福岡(天神バスセンター)までだったのに対し、
 ライオンズエクスプレスは埼玉(大宮)~福岡(天神バスセンター)まで運行します。
 新宿~大宮間ではありますが、より長距離になっております。
 そしてなにより、恐ろしいことは…


 さいたま市民にはより利用しやすくなっているのです!! 
  ※私たちはさいたま市在住。

 ちなみに、まだまだ恐ろしい話題があります。
 はかた号の場合、ビジネスシートやプレミアムシートと呼ばれる割高ではあるけれど、
 快適な座席が用意されております。
 
 ですが、ライオンズエクスプレスは全席4列という仕様なのです。
 常人でもなかなか辛そうなので、先生だと死んじゃうかもしれませんよ?

 先生のためにも自分のためにも、これは早く他の魅力的な企画を提案しなくては…! 
プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。