FC2ブログ

日本周辺の気団の性質

 どうもこんばんはライネです。
 今日は昨日登場した4つの気団について少し詳しく触れておきましょう。


 まず、気団というものはほとんどが「高気圧」なのだそうです。
 昨日登場したオホーツク海気団、揚子江気団、小笠原気団、シベリア気団は
 どれもが高気圧です。

日本周辺の気団


 で、昨日も使ったこの図には少し書いておいたのですが、
 北側のオホーツク海気団とシベリア気団は冷たい気団で、
 南側の揚子江気団と小笠原気団は暖かい気団です。

 また、大陸上に位置するシベリア気団と揚子江気団は比較的乾燥した気団で、
 海洋上に位置するオホーツク海気団と小笠原気団は比較的湿った気団ということです。
 この辺は解りやすくていいですね。


 専門的には熱帯海洋性気団、寒帯大陸性気団などの呼び方があるのですが、
 ここでは単純に暖かい・冷たい・乾燥している・湿っているという考え方で問題ないでしょう。

 
 そもそも気団という物は、これまで説明していない全く新しい気候要素かというと
 そういうわけでもなく、実は大気の大循環で登場した低気圧と高気圧のサンドイッチを、
 ちょっと別の視点から見たものなのだそうです。

 
 この「ちょっと別の視点から」と言うのが曲者なのですが、
 深くは突っ込まないで行こうと思います。


 さて、それぞれの気団は季節によって少し動くそうです。
 この動き方についてはまた次回説明したいと思います。 
スポンサーサイト



プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック