スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亜寒帯のaからd

 どうもこんばんはライネです。
 八月になりましたが、気候の話は続きます。

 亜寒帯(冷帯)について一気に2つの気候区を見ていきましょう。
 という訳でこちらをどうぞ。

冷帯

  ※青が亜寒帯湿潤気候で、紫が亜寒帯冬季少雨気候です。


 図を見ればわかると思いますが、亜寒帯が見られる地域は北半球に限定されます。
 何か意地悪をして南半球に亜寒帯が無いようにしてあるとかそういう訳ではなく、
 亜寒帯が出現しやすい緯度に陸地がほとんどないからというのが正しい理由です。


 ちょっとこちらをご覧ください。
 両半球の緯度40と極圏の低緯度側(緯度66.6度)に線を引いてみました。

亜寒帯の地域


 北半球で亜寒帯が見られる地域はほとんどがこの領域に入っています。
 ところが、南半球ではこの領域にほとんど陸地がありません。

 相対的に見て陸よりも温度変化の少ない海がほとんどなので、
 冬の寒さが厳しく、夏はそこそこ暖かいというわがままな亜寒帯という気候帯は、
 この緯度帯に陸地の少ない南半球では見られないという訳なのです。



 さて、亜寒帯の気候区ですが細かく分けようとすると、
 実は全気候帯の中で最も複雑に分けることができるのです。

 とりあえず亜寒帯湿潤気候ですが、これは亜寒帯の中でも乾季がないタイプです。
 普通はここまでで終わりなのですが、
 暖かい月と寒い月の関係で細かく4つに分けることができます。
 具体的には亜寒帯のうち、「最も暖かい月の平均気温が22℃以上」のaタイプ(Dfa)。

 「最も暖かい月の平均気温が22℃未満」で「平均気温10℃以上の月が4ヶ月以上」のbタイプ(Dfb)。

 「最も暖かい月の平均気温が22℃未満」で「平均気温10℃以上の月が3か月以下」で、
 さらに「最も寒い月の平均気温が-38℃以上」のcタイプ(Dfc)。

 「最も暖かい月の平均気温が22℃未満」で「平均気温10℃以上の月が3か月以下」で、
 さらに「最も寒い月の平均気温が-38℃未満」のdタイプ(Dfd)です。


 なお、Wikipediaでは、(更新日現在)もう少し細かい条件が書かれています。
 b~dタイプの条件の「最も暖かい月の平均気温が10℃以上、22℃未満」というところと、
 cタイプの条件の「最寒月が-38℃以上、-3℃未満」ところなのですが、

 最も暖かい月の平均気温が10℃未満になってしまうと、それはもう亜寒帯ではなく寒帯ですし、
 最も寒い月の平均気温が-3℃以上になってしまうと、温帯や熱帯になってしまうので、
 省略いたしました。



 ちなみに、同様の条件は亜寒帯冬季少雨気候のaタイプ~dタイプでも適応されるので、
 ここでは省略させていただきます。
スポンサーサイト

北半球で一番寒い場所

 どうもこんばんはライネです。
 亜寒帯湿潤気候と亜寒帯冬季少雨気候のaタイプからdタイプまでは
 大体分かったのですが、これ以外にも亜寒帯には気候区があるそうです。

 他の亜寒帯の気候区に比べると極端に見られる地域が小さいので、
 入門書には書かれていませんが、その気候区の記号は「Ds」と略します。


 気候区をこのように記号で表現する場合、
 2番目のアルファベットが小文字のsということは、夏に雨が少ない気候を示します。

 確かに、言われて見れば「亜寒帯湿潤」「亜寒帯冬季少雨」とあるのだから、
 「亜寒帯夏季少雨」が無いのはおかしいと言えばおかしいですね。

 けれどもこの気候の名前は「高地地中海性気候」と呼ばれています。
 この名前からも解るように亜寒帯の一部というよりは、
 地中海性気候の一部と言った方がいいのかもしれません。

 地中海性気候の周辺で山地など標高の高い場所があると、気温の逓減率によって、
 最も寒い月の平均気温が-3℃を下回ります。
 これが高地地中海性気候という訳です。

 ちなみにこの気候区も、aタイプからdタイプまでありますが、
 分類方法は昨日の亜寒帯湿潤気候や亜寒帯冬季少雨気候と同じなので省略します。


 さて、明日はいよいよ寒帯の説明を予定しています。
 この寒帯こそ、地球上で最も寒い気候帯なのですが、
 実は北半球で一番寒い記録を持っているのは寒帯ではなく、亜寒帯なのだそうです。

 前に気温の年較差でも登場したオイミャコンが北半球で一番寒い記録を持っているのだとか。
 亜寒帯も寒帯もどちらも寒い気候に変わりはないのですが、定義上、
 「一年中寒い」のが寒帯で、「冬は物凄く寒いけれども夏はそこそこ暑い」のが亜寒帯なのです。

 というわけで、冬だけ見れば亜寒帯の方が寒帯より寒くても何も問題はないのです。
 むしろ、ほとんどが陸地に覆われている北半球の亜寒帯地域の場合、冷える時はとことん冷えます。 
 この傾向は基本的には海からの距離が遠いほど大きくなるので、
 大陸の中央部はとても寒いということになります。

 ただし、この地域には偏西風が1年中吹いています。
 大陸西岸が、海の影響を強く受けて温帯の西岸海洋性気候になっていたように、
 大陸東岸は、陸の影響を強く受けて冬は物凄く寒い亜寒帯冬季少雨気候になるというわけです。

赤道直下の寒帯

 どうもこんばんはライネです。
 今日は寒帯についてみていきますよ。

 といってもこの気候帯は全気候帯の中で一番シンプルな気候帯でもあります。
 ひとまず、該当地域はこちら。

寒帯

  ※青がツンドラ気候、紫が氷雪気候です。

 ほとんど極圏でしか見ることはできません。
 ちなみに極圏以外、赤道直下でもツンドラ気候となっている地域がありますが、
 これは標高によるものです。

 ツンドラ気候の定義は一番暖かい月の平均気温が10℃未満、0℃以上。
 氷雪気候の定義は一番暖かい月の平均気温が0℃未満というものだけです。


 なので、例えば熱帯地域で1年を通じて30℃という場所であっても、
 平均的な気温の逓減率は100mで-0.6℃、1000mで-6℃、5000mで-30℃というわけで、
 5000m級の山があれば0℃になってしまいます。

 ツンドラ気候の場合1年中9.9℃という気候でも該当するわけなので、
 もう少し低い山でもあり得る話ですね。


 ちなみに、これらの気候区を示す記号はETとEFです。
 アルファベットの両方が大文字ということは無樹木気候なので、どちらも樹が生えていません。
 寒すぎて植物そのものが育ちにくい環境でもあります。

 言い換えるならば畑を耕して何か食べ物を得るという生活が困難な地域でもあるわけです。
 農耕が行えないということは、一カ所に住み続けることが難しいともいえます。

 というわけで、この地域に暮らす人の多くは、トナカイなどを飼育しつつ、
 季節によって住む場所を変えながら生活している「遊牧民」が多いそうです。

 とはいえ、こちらの世界のように自動車や航空機などで食べ物を輸送すれば、
 そんな地域でも問題なく生活することができるらしく、
 実際に南極大陸では研究のために基地を作って生活している人もいるのだとか。

高山気候について

 どうもこんばんはライネです。

 という訳で全ての気候区が出そろいました。
 一応これでケッペンの気候区分については概ね説明がついたことになります。

 ケッペンさん以外にも色々な人が気候区分を行っているわけですが、
 区分の簡単さや実生活にあてはめたときの都合の良さなどから、
 ケッペンの気候区分以外にはあまり一般的ではなさそうです。


 ただし、トレワーサさんによって後に加えられた「高山気候」というものは、
 入門書レベルでも扱われることがあります。

 高山気候というのは、記号を「H」で示すもので、
 その名の通り、だいたい2000m級の山地で見られる気候です。

 これまでにもいくつか説明してきましたが、ケッペンの気候区分の場合、
 気温が区分に占める割合がかなり高く、その理由まではほとんどと言っていいくらい考慮されません。

 極端な話をすれば、長期間・広範囲の火山が噴火し続けていたら、その周囲は気温が少し高くなるので、
 寒い地域であっても温帯や熱帯に含まれることがあるかもしれません。


 また、本来ならば熱帯地域であっても山地など、高いところでは気温の逓減率によって、
 気温が低下し、異なる気候区に含まれてしまうことが多々あります。
 
 そこで、山地だから気温が低くなっているという場所は高山気候と言うことにしてしまおうというのが、
 トレワーサさんの考えです。


 けれども厄介なことに、この気候区は特に明確な基準がありません。
 しいて言えば標高が基準になるのですが、2000m以上の地域が全て高山気候というわけでもないようです。

 判断をするとしたら、低緯度地域のように一年間の気温の変化があまり大きくないのにもかかわらず、
 気温そのものはあまり高くないというのがポイントですね。

 この辺は雨温図を使った方が分かりやすいと思いますので、明日からは少し雨温図を使って
 いろいろな気候を見ていきましょう。

エクセルを使った雨温図の作り方

 どうもこんばんはライネです。
 今日はエクセルを使って雨温図を作ってみたいと思います。

 私も先生に教わりながら試行錯誤して何とかできるようになったので、
 手順の確認も含めて恐ろしく丁寧に説明していきます。

 まず、用意するものは、「Microsoft Excel2010」です。
 先生が言うには2007年以降のものならば、ほとんど同じ方法が使えるらしいのですが、
 それ以前のものだと、少しアレンジを加えないといけないそうです。
 申し訳ありませんが、それ以前のバージョンは手元にないので説明できません。
 
 そしてもうひとつ用意してもらいたいのが、雨温図を作りたい場所の気温と降水量のデータです。
 こちらは、色々な入手方法がありますが、インターネットだと「海外いろは」さんが分かりやすかったです。
  せっかくなのでブログの横の方にバナーを置かせていただきました。

 あとは、丸善さんが出している「理科年表」なんかも便利ですね。
 物凄くためになって1,000円なので、これはお得です。


 さて、材料がそろいましたら、まずはエクセルに数値を打ち込みます。
雨温図を作る1


 雨温図を作る際には必要ありませんが、ついでに1年の平均気温も計算しておくと便利です。
 ちなみに、その数値を表示したいところで、「=averge(」と入力した後に、
 マウスで計算したい範囲を選択するだけで計算できます。
雨温図を作る2


 同様に1年の合計降水量も計算してしまいましょう。
 こちらも、その数値を表示したいところで「=sum(」と入力した後に、
 マウスで計算したい範囲を選択すると簡単です。
雨温図を作る3


 下準備ができましたので、ここからが本番です。
 そうしましたら、1月~12月の気温と降水量をまとめて全て選択してしまいましょう。
 そして「挿入」から「縦棒」のグラフを選びます。
 このあと、より詳しく何を選ぶのかというところがありますが、一番シンプルな奴がいいと思います。
雨温図を作る4


 はい、そうするとこんな感じのグラフができます。
 ただ、これでは雨温図と呼べないので、修正していきましょう。
雨温図を作る5


 まずは、「系列1」。
 これは要するに気温なのですが、気温と降水量が同じ縦棒グラフになっているので、
 こちらは折れ線グラフにしたいと思います。

 そのためには図のように、「系列1」のグラフそのものを一度左クリックして、
 グラフの四隅に丸が出るようにしましょう。
 ちなみに四隅に丸がでるのが1つだけになってしまった場合は、
 一度グラフの外の全く関係のないところをクリックしてから再チャレンジすると上手くいきます。
雨温図を作る6


 グラフの四隅に丸が出たら、右クリックをするとこんな画面が出てきます。
 そこで、「系列グラフの種類の変更(Y)」を選択します。
雨温図を作る7


 そうするとこんな画面が出てくるので、ここで折れ線グラフを選択して「OK」を押します。
 要するに、「系列1」だけを折れ線グラフするわけです。
雨温図を作る8


 はい、出来ましたね。
 けれども降水量と気温が同じ指標で表示されているため、気温の変化が良く解りません。
雨温図を作る9


 というわけで、指標を変えてしまいましょう。
 気温と降水量が左右のどちらに来ても別に問題はないと思うのですが、
 よく見かける雨温図は、図の右側が降水量で、左側が気温なので、
 それに合わせてみたいと思います。

 なので、今度は「系列2」のグラフを左クリックして、四隅に丸を出します。
雨温図を作る10


 そのまま今度は右クリックをして「データ系列の書式設定(E)」を選択してください。
雨温図を作る11


 するとこんな画面が出てきますので、「系列オプション」の下の方にある、
 「使用する軸」の「第2軸(上/右側(S)」にチェックを入れて「閉じる」を押してください。
雨温図を作る12


 かなり見覚えのある雨温図ができました。
 けれどもこれでもやっぱりちょっと変です。

 どこが変かと言いますと、気温の年較差が少ないハズの熱帯の雨温図なのに、
 ものすごく年較差が大きいように見えるのです。
 という訳で、「系列1」つまり気温の指標を少し変えていきましょう。
雨温図を作る13


 そのためには、図のように左側の数字を左クリックして、四隅に丸が出るようにします。
雨温図を作る14


 そして、そのまま右クリックをして「軸の書式設定(E)」を選択してください。
雨温図を作る15


 先ほども使った軸の書式設定ですが、今度は「軸のオプション」がこんな感じになっているので、
 まずは「最小値」を「固定(F)」にチェックを入れて、「-10」と入力します。
 要するに表示できる気温の最小値を-10℃にするという訳ですね。

 世界の気候では-40℃くらいになる地域もあるので、
 もっと低い気温も表示したいときはここを変更するといいと思います。


 次に、「最大値」も「固定(I)」にチェックを入れて「35」と入力します。
 こちらも表示できる気温の最大値を35℃にするという訳です。

 最も暑い地域でも月の平均気温が40℃を越えるような地域はほとんどないので、
 35℃で十分だと思います。


 忘れてはならないのが、一番したの「横軸との交点」です。
 ここも「軸の値(E)」にチェックを入れて、「-10」と入力しましょう。
 なお、最低気温を-40℃まで表示できるようにした場合は「-40」です。
 このように、ここには最低気温と同じ数字を入れます。
雨温図を作る16


 そのまま「閉じる」ボタンを押してもいいのですが、
 気温の小数点以下をグラフに表示する意味はあまりないので、左側の「表示形式」を選んで、
 「分類(C)」を「標準」にしておくと、小数点が消えました。
 これで「閉じる」ボタンを押せば完璧です。
雨温図を作る17


 かなりいい感じになりましたね。
 降水量も小数点以下が必要ないと思ったら、同様の方法で消してしまいましょう。
雨温図を作る18


 これでも十分といえば十分なのですが、せっかくなのでもう少し見やすくしていこうと思います。
 では、グラフの「系列1」を左クリックして四隅に丸を出しましょう。
雨温図を作る19


 そして、右クリックをして「データ系列の書式設定(E)」を選びます。
雨温図を作る20


 何をしているかというと、気温を赤、降水量を青で表示した方が、
 視覚的にわかりやすいかなということです。
 というわけで、左側から「マーカーの塗りつぶし」を選んで「塗りつぶし(単色)(S)」を選択し、
 塗りつぶしの色を赤にします。
 モノクロで表示したいと言う場合は黒にするといいと思います。
雨温図を作る21


 で、そのまま閉じてしまうと、マークだけが赤くなってしまうので、
 今度は左側から「線の色」を選んで「線(単色)(S)」を選択し、色を赤にします。
 私はマークの色と完全にかぶってしまうと見えにくいと思ったので、
 透過性(T)を50%にして、少し色を変えてみました。
 ここで閉じてしまって構いません。
雨温図を作る22


 同様に、降水量の方も、色を変えましょう。
雨温図を作る23


 なかなかいい雨温図になりましたね。
 最後に、系列の凡例が残っていると邪魔なので、左クリックで選んだあとに、
 キーボードのデリート(削除)ボタンを押して消してしまいましょう。
雨温図を作る24


 これにて完成です。
 ちなみに、上の表とのリンクが切れていないので、上の表の数値を変更するとグラフも変化します。
 なので、一度これを作ってしまえば、あとは数値を変えるだけで、色々な雨温図を作ることができます。
雨温図を作る25
プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。