FC2ブログ

温帯の植生

 どうもこんばんはライネです。

 温帯の4つの気候区で見られる樹木の種類について説明する準備が終わりました。
 なんだかえらく遠回りをしてしまいましたが、今日から本線に復帰します。

 まずは温暖湿潤気候と西岸海洋性気候ですが、気温もちょうどよく降水量も十分にあるので、
 一般的には「常緑広葉樹」「落葉広葉樹」「常緑針葉樹」「落葉針葉樹」の全ての種類が育ちます。

 局所的に見れば棲み分けがあるものの、広い意味ではこれらの気候区で見られる森林は
 色々な種類の樹木が混ざり合っており、「混交林(こんこうりん)」ないし「混合林(こんごうりん)」
 と呼ばれます。

 これらの気候区にのみ見られるのが落葉広葉樹でして、落とした葉っぱが地面に溜まり、
 とても栄養分の高い(肥沃な)土壌を形成することが多いようです。
 このような土壌を「褐色森林土(かっしょくしんりんど)」と呼んでいます。

 都市では落ち葉を片づけてしまうわけですが、樹木からすれば放っておいて欲しいわけですね。
 


 では次に地中海性気候と温暖冬季少雨気候ですが、どちらも常緑広葉樹が多いようです。
 ただ、種類としては常緑広葉樹なのですが、
 夏に乾燥する地中海性気候では「硬葉樹林(こうようじゅりん)」、
 熱帯に比べると冬が寒い温暖冬季少雨気候では「照葉樹林(しょうようじゅりん)」が見られます。


 硬葉樹とは夏の間の乾燥に耐えるため、葉っぱが固くなったものを指します。
 代表的な植物はオリーブ、コルクガシ、ブドウ、あとはオレンジやグレープフルーツ、レモンなどが有名です。

 照葉樹とは、その名の通り葉っぱがテカテカ光っているものを指します。
 これは葉っぱを落とすほど寒くはないけれども、冬の間に葉っぱが凍らないように分厚くなっているそうです。
 代表的な植物は、椿、あとはお茶の葉っぱもそうですね。
スポンサーサイト



プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック