スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローマを知るならテルマエ・ロマエ!

 当初は気付いたこと、疑問に思ったことを調べてメモに残したいと思っていたのですが、
 なんだか、予想外に地理なブログになってますね。

 森羅万象、謎に思うことを探究するのが学問です。
 そして「高杉さん家のおべんとう」曰く、その学問のお母さんが地理だそうです。
 なお、お父さんは哲学らしいです。

 ということは、疑問に思ったことを調べようとすると、それが地理になってしまうことは、
 ある意味、必然なのかもしれません。


 ただ、こちらの世界の最近の学問の傾向としては、
 もっともっとそれが細分化されたもの、役に立ってお金になるものが優先されるそうです。
 その結果、学問の両親であった哲学や地理は下火になってしまっているらしいです。
 そういうことなら、地理向上のためにも私のブログが少しは役に立ってくれるといいなと思います。

 というわけで、明けましておめでとうございます。
 本年もよろしくお願いいたします。
 ライネ・フラトゥース


 昨日はあれから、除夜の鐘を突きに行ったのですが、
 どういうわけか、先生の家の近所のお寺では年が明ける前に1発、
 のこりは明けてから突いていました。
 お寺によって作法が違うのかもしれません。

 こういう実体験が伴う知識は地理の醍醐味ですね。
 醍醐味と言えば、無料でふるまわれていた甘酒が美味しかったです。



  
 さて、中世という時代の地図、というか世界観の話の続きと行きましょう。
 今日の話は、しっかり話そうと思ったらたぶん1週間以上かかってしまいそうです。
 というわけで、あっさりさっくりと必要な部分だけを抽出してまとめたいと思います。


 では「中世」という言葉をもう一度おさらいしておきましょう。
 まずこの言葉は地球全体での歴史上のひとつの時代を示す言葉ではないそうです。
 「中世の日本」と言う場合もありますが、基本的に前後に何の言葉も付いていない場合は、
 「ヨーロッパの」という言葉が隠れていると考えてください。
 ようするに、ヨーロッパの時代区分のひとつなのです。

 それじゃあ何を持って中世とするのかというと、
 調べれば調べる程、諸説あって混乱するので、最大公約数的な説明をするならば、
 「西ローマ帝国の滅亡から、東ローマ帝国の滅亡までの時代」と言えるようです。

 そうすると今度は「西ローマ」とか「東ローマ」ってなんなのさ。
 という疑問が出てきますので、こちらもさらりと説明しましょう。



 さらりと説明するために役に立つのは、何と言っても「テルマエ・ロマエ」です。  
 やっぱり漫画はすごいですね。
 おかげでイメージが持ちやすいし、、頭の中に入れなければいけない情報量が少なくて済みます。
 あの時代がまさしくローマ帝国の時代です。


 始まりは、今から2750年前くらいにイタリア半島の今のローマの位置に作られた小さい国です。
 この時は王様が支配していたので後々の国と区別するために「王政ローマ」と呼んでいます。

 これが今から2500年前くらいになると、王様を追放してみんなで国をまとめるようになりました。
 ある意味、昨日の「大化の改新(有力豪族の暗殺・天皇中心国家の形成)」の真逆ですね。
 一応のトップはいるものの、あくまでも元老院という代表者によって政治が決められていきます。
 今の日本も限りなくこれに近いかもしれませんね。(厳密には違うそうです)
 これを「共和制ローマ」と呼んでいます。

 この共和制ローマですが、今から2300年前くらいになると、だんだんと強くなっていきます。
 結果、ひとつの都市サイズの小さな国だったローマは、
 現在のイタリアとほとんど変わらないくらい大きな国になります。

 ところが急速な繁栄は色々な問題をはらんでいました。
 腐る政治、対外戦争で荒れる農地、所得格差の拡大などなどの理由で内乱がはじまります。

 この状況に対し、カエサルという人が強力な権力を集中し独裁することで、
 一応のまとまりは生まれますが、独裁って恨まれることも多いわけです。
 あっさり暗殺されてしまいます。

 で、カエサルさんの孫の従弟であり、後継者である「オクタヴィアヌス」さんが、
 カエサルさんとツートップを張っていたアントニウスさんを追いやり、トップに立ちます。

 オクタヴィアヌスさんは元老院を尊重して共和制を維持しようとしていたようなのですが、
 元老院側は「こんなに素晴らしい人はそうそう居ないよ(意訳)」という意味の、
 「アウグストゥス」の称号を与えて、実質的に全ての権限を渡してしまいます。

 とはいえ「テルマエ・ロマエ」でも解るように、
 皇帝が何をやってもいいくらい偉いというわけではなく、あくまでも市民と元老院の代表者なので、
 ローマ市民には演劇を見せたり拳闘を見せたり、公衆浴場を整備したりして人気を得る必要があり、
 人気を損なうと、「(実際に)死ねよ!」と言われたようです。

 これが共和制ローマの終焉で、ここからを「帝政ローマ」と呼んでいます。
 まさしくこれがローマ帝国です。
 これが今から2050年くらい前。
 今がちょうど西暦2013年で、西暦というのがキリストの誕生を始まりにするわけなので、
 まだまだキリスト教そのものは誕生していない時代ですね。


 では、「テルマエ・ロマエ」の時代はいつかというと、これはもうちょっと後の様です。
 ざっくりとの説明だったのですっ飛ばしてしまいましたが、すでにオクタヴィアヌスさんが
 アウグストゥスとなった時には、地中海をぐるっと囲む巨大な国になっていました。  

ローマの範囲

 図の紫色のローマがさっきの大体2300年くらい前の状況。
 以下、全てを話すと、とんでもなく長くなるので簡単な解説になります。

 ・カルタゴ:ポエニ戦争で勝つ。(だいたい2200前)
   「ドリフターズ」のハンニバルとスキピオさんがぶつかった戦いです。

 ・マケドニア:ポエニ戦争中に同時にマケドニア戦争もして勝つ。
   マケドニアはギリシャ人の国。

 ・エジプト:敵対していたものの、カエサルさんが王女様を喰う(性的な意味で)   
   この王女様が有名な「クレオパトラ」さん。
   結局、子供が生まれてひとつの国になっちゃう。

 ・シリア:ローマ・シリア戦争で勝つ。
   しかもローマは内乱中。
   どうやらシリアもギリギリの状況だったみたい。


 んで、オクタヴィアヌスさんがいなくなった後、大体いまから1900年~1800年前が、
 このローマ帝国の最盛期です。
 灰色の範囲すべてがローマ帝国の支配下にあります。
 もちろん、その範囲の中にあるいくつかの地域も、前述の流れでローマ帝国です。

 なお、この時期に5人連続して才能のある皇帝がいたので、五賢帝の時代と言われています。
 「テルマエ・ロマエ」に登場するハドリアヌスさんは3番目。
 若くて才能にあふれていると評される子供のマルクス・アンニウスくんが5番目が皇帝です。

 
 おっと、もうお時間です。
 やっぱり、時間がかかってしまいますね。
 というわけで続きは明日!
スポンサーサイト

テルマエ・ロマエ後の歴史

 実は去年の暮れ、おせち料理というものに挑戦しようと思ったのですが、
 「紅白カマボコと煮豆、ニシンの昆布巻、栗きんとんを重箱に入れるだけでOK」
 という先生の言葉に騙されて、普通のおせち料理とはちょっと違うものに
 なっていると思います。

 でも、最初から全部一人で準備しようと思ったら、二日はつぶれてしまうので、
 これもアリかなと思いました。

 おせち料理にはいろいろな意味が込められているらしいのですが、
 ほとんどはギャグです。
 真なる目的は忙しいお正月の料理作りを楽するためのストックだそうで、
 焼くだけで完璧なおもちと合わせて、ずいぶん楽をさせていただいております。

 どうもこんばんはライネです。



 昨日は、中世の世界観を説明したかったのですが、
 中世とは何かという説明をするための説明で終わってしまいました。
 しかもまだまだ終わっていません。

 ひとまず昨日は「テルマエ・ロマエ」に登場するローマ帝国まで来たので、
 今日で終わってくれるハズ!!


 漫画の中で聡明な子どもという描かれ方をしているマルクス・アンニウスくんですが、
 世界史的には「マルクス・アウレリウス・アントニヌス」という、
 皇帝になった後の名前の方が有名です。
 彼が皇帝を務めていた、今から1800年前くらい昔がローマ帝国のピークだったようです。


 ところが彼の死後くらいから、どうも上手くいかなくなってきます。
 一番大きい原因は、パーフェクト超人でなければとてもじゃないけれども皇帝なんてできない
 という、ローマ帝国のシステムと領土面積にありました。

 地中海をぐるりと囲む巨大な領土を持っていると言うことは、
 その中にはものすごい数の人が住んでいて、
 その外にはものすごい数の外国があるわけです。

 この状況で、国内のリーダーシップを取り、外国ににらみを利かすのは難しく、
 そんなことができる皇帝が常に選ばれるとは限らなかったわけです。
 ところが一度選ばれた皇帝は死ぬまで皇帝なので、
 この状況をどうにかしようと思ったら、暗殺するしかなくなります。
 
 実際、マルクス・アンニウスくんの子供が皇帝になるのですが、暗殺されました。 
 暗殺という手段はこの際しょうがないとしても、
 じゃあどうやって次の皇帝を選ぶのかというと、基本的には前皇帝の指名性だったらしく、
 明確なルールは決められていませんでした。

 というわけで、この後はもう単純に強い兵をもった人が皇帝をするようになります。
 そんなこんなで、マルクス・アンニウス君が死んでからというもの、
 コロコロと皇帝は変わり、たった50年程で30人弱という皇帝が誕生します。
 ちなみに、日本の内閣総理大臣が直近10年で8人なので、
 どういう状況かは言わなくてもご理解いただけるかと思います。


 で、今からだいたい1700年前、「ディオクレティアヌス」さんが皇帝につくと、
 これからは皇帝にだれも逆らわないようにしたほうが良いだろうということで、
 「専制君主制(ドミナートゥス)」というものを始めます。

 やったことは「大化の改新(その他大勢の有力者がいないようにする)」に似てます。
 ローマ帝国を細かく分割して、それぞれに皇帝が人を送って、その人に支配させるシステムです。
 また、広大なローマ帝国全体を普通の皇帝がひとりで見るのは無理があるということで、
 実は前々から行われていたのですが、この時にしっかりざっくりと4分割します。
 

 そしてディオクレティアヌスさんの次に皇帝になった「コンスタンティヌス」さん。
 この人、この世界の歴史をがらりと変えるようなことをします。
 新興宗教(とはいえ成立から300年くらい経っている)だったキリスト教を公認します。

 それ以前に、すでにローマ帝国内で相当な信者数を獲得していたキリスト教ですが、
 「誰よりも、神さまよりも偉い」というローマ皇帝から見ると、
 「神さまこそ最高」と信じて疑わないキリスト教徒はまったく意見が合わないわけです。
 というわけで、それ以前からちょいちょい弾圧されていました。

 特にすごかったのがディオクレティアヌスさんだったようです。
 それでも信仰をやめないキリスト教徒を見て、コンスタンティヌスさんは、
 「んじゃあもう、キリスト教をしっかり受け入れちゃった方が早くね?」
 ということで、キリスト教を公認します。


 ついでに、Wikipediaでは

 伝説によると、コンスタンティヌスが改宗したのは、神の予兆を見たためと伝えられる。
 伝説では、コンスタンティヌスは、312年のミルウィウス橋の戦いに向かう行軍中に太陽の前に逆十字とギリシア文字 Χ と Ρ(ギリシア語で「キリスト」の先頭2文字)が浮かび、並んで「この印と共にあれば勝てる」というギリシア語が浮かんでいるのを見た。

 とあるのですが…
 現代からタイムスリップしてきた人が持っていた、

うはむこころ

 これ見たからじゃないですよね・・・?


 
 なんにせよ、キリスト教を使ってローマをひとつにまとめようとしたわけです。
 このおかげもあり、ローマ帝国をひとりで一括管理することができたわけなのですが、
 これはキリスト教の力があったものの、素直にコンスタンティヌスさんの力量でした。

 なので、そのあと今から1600年くらい前に皇帝となった「テオドシウス」さんを最後に、
 完全にローマ帝国はふたつに別れてしまいます。
 これが「西ローマ帝国」と「東ローマ帝国」です。
 
 ディオクレティアヌスさんの頃から、もっといえばオクタヴィアヌスさんの頃から、
 やんわりと別れることはあったのですが、最終的には元に戻っていました。
 ところがこの1600年前を最後にもう二度とひとつにまとまることはありませんでした。



 ひとまず、今日は西ローマ帝国までを説明させて下さい。
 といってもわずか100年でなくなってしまいます。

 テオドシウスさんの後継者で西ローマ帝国をまかされたのは「ホノリウス」さんです。
 ところが、もう最初からあんまりローマ帝国の力は残っていませんでした。
 周辺に住んでいた人たちからどんどん攻められ、皇帝もコロコロ変わります。
 そのため、どんどんと皇帝の力は小さくなり、支配地域も減ってしまいました。
 最終的に皇帝は「やめさせられて」、西ローマ帝国が消滅します。

 ついでに西ローマ帝国があった位置には皇帝を「やめさせた」、
 オドアケルさんによって「イタリア」が生まれます。(長続きしませんが)
 なので、ルシウスがイタリアの名前を知らなかったのは当たり前ですね。

 というわけで、これが中世の始まりです。

お寿司の旅

 寿司を食べに行こうと、朝食を食べている時に先生が言いました。
 今まさに朝ごはんを食べているのに、お昼ごはんの話ですかとは思ったものの、
 軽い気持ちで賛成したのですが…

 食器を片づけていたら先生の携帯電話が鳴って、
 何の準備をする間もなく連れ出されました。
 というわけで、お寿司の旅が始まりました。
 こんばんはライネです。

 
 先生は免許はあるものの車を持っていなないので今回の旅には、
 お友達の(私のゲーム友達でもある)トカゲさんに運転手をお願いしていたようです。
 電話の主はどうやらトカゲさんだったようで、すでに家の前で待っていました。

 お願いだからそういうのはせめて昨日のうちに言ってください。
 まあ、確かに休みの日にはお昼まで寝ている先生が、
 今日に限って早く起きてきたので何か不穏な空気は察していましたが…


 テレビのニュースではお正月に故郷に帰省した人たちが戻ってくるため、
 どこもかしこも大渋滞という話でしたが、道はかなり空いていました。

 電車の旅では周りの人を気にしてあんまり喋ることは無かったのですが、
 自動車の旅は、三人の共通話題であるラグナロクオンラインの話に花が咲きます。

寿司旅1

 1時間ほどで、大きな川の横のどこまでも真っ直ぐな道路に出ました。
 私の席からではカーナビはよく見えないのですが、太陽の方向から察するに、
 東に東にと進んでいるようです。

 
 んで、到着したのが本州最北端の銚子という場所でした。
 海が近ので、これは確かにお寿司が美味しいだろうなと思っていたのですが、
 どういうわけか、車が止まったのは先生の家の近くにもあるイオンでした。

 なにか買い物だろうと信じて疑わなかったのですが、
 お寿司ってここのお寿司!?
 だ、騙された!!
 わざわざ…

 こんなところまできて…

 イオンのお寿司…


 
  んまーい!!



 完全に騙されたと思ったのですが、近所のスーパーで食べるものと全然違いました。
 さすがは本場です。
 イオンの回転寿司でこのクオリティとは…

 「銀の匙」で、人間本当に美味しいものを食べると笑ってしまうと書いてあって、
 本当にそうなんだろうかと疑っていましたが、嘘じゃありませんでした。
 わざわざこんなの所まで食べに来るだけはありますね。


 お寿司に満足した後は、ここまで来たのだから海を見ようということになりました。
 さすが埼玉県生まれと、海育ちだけれどこの1年海を見なかった3人です。

  海!!

寿司


 海!!!!

寿司2
 
 
 水平線を見たのはすごく久しぶりでした。
 でもこの高さだとまだ地球の丸みがわかりませんね。

寿司3

 灯台に昇れば丸みがわかるのでしょうか?
 残念ながら高いところが苦手なので、見ることは叶いませんでしたが、
 アイスクリームが美味しかったです。

 ちなみに銚子のイオンでは

寿司4

 こんな親切な駐車場が…
 (誰も駐車していませんでしたが・・・)


 帰りは渋滞に巻き込まれまして、ものすごく時間がかかりましたが、
 フィールドワーク第二弾、お寿司の旅でした。

 いいお天気だったこともありますが、今日の写真は青がきれいですね。

中世のアジアの地図

 どうもこんばんはライネです。

 異常に寒いです。
 手が上手く動かずに、文字を打つのも一苦労です。
 それもこれも、部屋の暖房装置がコタツしかないのが原因なのですが。
 
 なんというかエアコンの冷たい空気は大丈夫だったのですが、
 暖かい空気が苦手なんですよね。
 石油ストーブも苦手ですし、電気ストーブは電気代がきになりますし、
 慣れ親しんだ暖炉みたいなやつがあればいいのですが…



 さて昨日は突然の旅行を記事にしましたが、まだまだ話の途中で、
 やっと中世の話をできるようになっただけです。
 でも、おとといの記事で、キリスト教が力を持った理由がわかりましたね。


 というわけで中世です。
 元々アフリカで誕生した人類が、ゆっくりと住む場所をふやし、
 当時でも、地球のほぼ全域で生活していたわけなのです。

 ヨーロッパ(キリスト教地域)とイスラム地域に関しては、
 距離的に近いものもあり、また歴史的にも共通の宗教であったため、
 お互いの地域を把握していました。
 
 けれどもユーラシア大陸のなかでも中国との関係がちょっとある程度で、
 南北アメリカ大陸やオーストラリア大陸はまだまだ未発見でした。
  ※あくまでもヨーロッパ・イスラム圏からの未発見で、
   この地域でも現地に人は住んでいます。

 
 そんな中世の時代で、ユーラシア大陸を覆うような超大国が誕生します。
 その名も「モンゴル帝国」!

 ローマ帝国の時は地中海を取りかこみ、平和に航海できるようになりました。
 これをローマによる平和という意味で「パクス・ロマーナ」といいましたが、
 同じようにユーラシア大陸の東西をつなげるモンゴル帝国によって、
 「パクス・モンゴリカ」と呼ばれるような平和な交易ができるようになります。

 そのため、たとえば「マルコポーロ」さんのように中国まで旅をするヨーロッパの人が
 あらわれて世界観がかなり広がりました。
 
  
 その結果、今から600年くらい前に、モンゴル帝国の領土だった李氏朝鮮で作られた、
 地図の「混一疆理歴代国都之図(こんいつきょうりれきだいこくとのず)」のように、
 アジア側の地図でもヨーロッパやアフリカのことが描かれるようになったようです。

中世アジアの地図

漫画の旅

 こんばんは、ライネです。
 わからないと思いますが、何と携帯電話からの更新です。
 正確に言うと、このメールを先生に送っての代理更新です。

 というのも、今日の昼頃にちょっと買い物に出かけようと思ったら、青春18きっぷの消費期限が差し迫っている事に気付きまして、もったいないので突然一人旅に出る事にしたわけです。

 ただ、身分証のない私はどうやらネットカフェもホテルも一人だけでは泊まれないようです。
 なので、先生の家に着くのは夜遅くになりますが帰ります。

 そうすると今日の記事を書く時間がなくなってしまうので、念の為に持って来た先生の携帯電話からの更新になります。
 慣れていないので、あまり長文は書けませんがよろしくお願いします。


 今日いって来たのは、山梨県の甲府市です。
 本当は山を見に行こうと思ったのですが、家を出たのが遅かったので、残念ながら真っ暗で何も見れませんでした。
 信玄餅が美味しいと聞いていたので、そちらで我慢したいと思います。

 
 そして、道中の暇つぶしのために、沢山漫画を買いました。
 昨日の夜に見てすごく面白そうだった、まおゆう魔王勇者の漫画(角川のほう)を4冊。
 同じくアニメで見たばかりのヤマノススメを2冊。
 どちらもアニメを見てから買おうということになった作品で、私が買いに行くことになったのですが、そのついでに甲府市まで来てしまいました。
 電車の中ですべて読破してしまったのですが、もはや旅行したのか、読書したのか分かりません。


 まおゆうは、私がやっている事の真逆で、ものすごく進んで知識を武器に世界を変えようというものでした。
 私はかなり遅れた知識しかないけれど、何とか私にも理解できるように噛み砕いて、こちらの世界を勉強しています。
 もしこちらの世界が私のいた世界より科学が遅れていたら、今頃私も魔王様だったかもしれませんね!
 残念ながら体型は真似できませんが…


 ヤマノススメについては登山の話で、私も興味があったのですが、それよりも先生が盛り上がっています。
 どうやら先生が前に住んでいた所が舞台のようです。 
 登山用の道具の説明がとても詳しく書かれていて、勉強になりました。

 今回の旅の途中で通過した高尾山が出てきたのですが、かなり登りやすい山だそうで、いつかチャレンジしたくなりました。
 それでは簡単ですが、今日はこの辺で。
プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。