スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカーしたいな!

 今日から12月です。
 サッカー中継ではいつも浦和レッズの試合ばかり見ている先生が、
 今日はガンバ大阪の試合を不思議な表情で見ていました。

 どういう感情なのか聞いたところ、大阪はJリーグというものが始まった時、
 浦和と一緒に底辺にいた仲間感のあるチームなんだけれど、
 一足先にどんどん強くなっていったので、羨ましいようなライバルのような、
 浦和からすると手ごわい相手だったそうです。

 それがJ2に落ちるかどうかの瀬戸際にいるのは、嬉しいような悲しいような、
 一言でまとめられるような感情ではないらしく、J2落ちという結果に対しても、
 「巨人が最下位になるなら諸手をあげて喜ぶんだけど、複雑」と言っていました。

 浦和レッズは過去にJ2に落ちた経験があり、這い上がってきたチームだそうです。
 何年か前には世界3位になったんだぞと、自慢されるのですが、
 好不調の激しいチームでもあるため、昨年は大阪と同じ瀬戸際だったそうです。
 それが今年は3位という嬉しい結果なのに、「素直に喜べない」と言っていました。
 どうもこんばんはリポーターのライネです。


 サッカーの盛んな浦和という場所で生活しているので、先生と一緒によく中継を見ています。
 という訳で今日はサッカーのお話。

 皆さんが思う以上にサッカーって凄いスポーツかもしれませんよ。
 FIFAという世界的なサッカーを取りまとめる団体があるのですが、加盟するのは209の国と地域です。
 ちなみに国際連合という世界全体の平和を考えて、経済・社会の協力をする最大の国際機関の
 加盟国は193だそうです。

 先生が言うには、サッカーというスポーツはボール1つさえあればどんなところでもできる。
 そして世界中で最も広く行われているスポーツでもあるので、
 ただ単にスポーツという枠をこえた、平和な戦争でもあるそうです。
 たしかに日本代表の国際試合の日には、みんなどこかそわそわしている気がします。

 私が知っている日本代表はものすごく強いのですが、
 どうやら強くなってきたのはつい最近だそうです。


 先生の大好きなトルシエという人は、もっと世界のサッカーリーグに出場する日本人が増えたら、
 めちゃくちゃ強くなると言っていたそうなのですが、今年の夏に行われたオリンピックでも、
 ちょっと興奮するくらい強かったですね。 

 けれども、30年前にはワールドカップに出る事すら夢のまた夢だったそうです。
 今はもうあたりまえのように出場することができると、ジャイアントキリングでは言っていました。
 その理由を、ジャイアントキリングの笠野さんはJリーグができたからだと言っています。

 Jリーグが始まったのは、今から20年前。
 開幕当時は10チームしかいなかったそうですが、今はJ1・J2合わせて40チームが参加しています。
Jリーグ
 全国のサッカーチームはこんな感じ。


 たしかにサッカーをしてお金をもらえるというのは、強くなるには必要ですね。

 サッカーをしてもお金がもらえない場合、他の仕事をして生活費を稼ぐ必要があります。
 そうなると、練習をする時間も試合をする時間もなく、なかなか強くなれないかもしれません。

 あとそれが、テレビなんかでみんなで見ることができると言うのも大きいと思います。
 将来はサッカー選手になりたいと言う子供が多ければ多いほど、強い選手が生まれる可能性が高まります。
 もちろん全員が夢をかなえられるわけではないでしょうが、
 サッカーがどんなに強くても、それだけでお金を稼ぐことができなければ、きっと夢をあきらめされる
 周囲の人もいるでしょう。

 
 サッカー楽しそうだなぁ!
 単純に運動だけだと私はだめですが、少し頭を使う要素があると言うのが良いですよね。
 先生も昔はサッカー少年だったそうなのですが、今のあの身体ではケガが心配です。
スポンサーサイト

地図記号紹介⑦~その他の建物~

 こんばんはライネです。
 今夜は雪が降るかもしれないそうです。
 家の中なのに寒いので、ありえない話でもなさそうです。
 私の国では雪なんてめったに降らなかったので、ちょっと楽しみです。


 さて、テレビの話題が続きましたが、地形図の話に戻りましょう。
 建物の記号としてはあれで終わりなのですが、
 前にまとめた建物の記号は、正確には建物の持っている「用途・機能」を示す記号です。

 という訳で、特に明記されない「用途・機能」を持った建物の記号としては、
 次のような記号がつかわれます。

建物記号

 独立というのは建物が1つ1つ書かれていることを示すそうです。
 実際には「この辺、ポツポツと建物があるなー」程度で、
 絶対に1つの建物につき1つ描かれるかというとそうでもないようです。
 上空から見た建物の形をある程度はなぞっているようです。

 総描(そうびょう)とは、建物が1つ1つ書くほど余裕がないくらい密集している時に、
 この辺にいっぱいあることを示すようです。

 また小と大の違いは、建物の短辺が25m未満の建物ならば小、それよりも大きければ大
 として描かれるそうですが、小さい独立建物の場合は短辺10m以上でないと描かれないそうです。
  ※10m未満でも必要がある場合は描かれる。 

 そして、大に含まれる建物のうち、高さが10メートル以上の建物は、
 また別の描かれ方をします。

高低


 ちなみに、建物ではないけれど良く似たものとして、
 「飛行機の格納庫、市場、動物園の檻、温室、畜舎、側壁のない建物、ガス・石油タンク等」
 は、次の記号で描かれるそうです。

 類似

地図記号紹介⑧~農耕地編~

 こんばんはライネです。
 今日もQさまのプレッシャースタディーで先生にコテンパンにされました。
 そういえばコテンパンって何でしょうね?

 先生に聞いても良く解らないそうです。
 こういうのを気付いた時にちょこっと調べておくと、先生とクイズで戦う時に
 結構役にたったりするのですが、インターネットで調べてもあまり良く解らないようです。
 
 それじゃあ地図記号7日目にまいりましょう。

 田 
 田(水稲、蓮、い草、わさび、せり等)
  これは私の完全な勉強不足ですが、田というのはお米を作る所の事だと思っていました。
 
  ネイティブな先生に確認したところ「確かに水田と言われると、水が張ってあって、
  何かを作っているところというだけで、格別、稲作だけを行う場所じゃないかも」と、
  私にはまだ難しい微妙な語感のイメージを教えてくれました。
  こういうのはその言葉で生まれ育った人じゃないとできませんね。

  Wikipediaによると、元々は田という言葉は「穀物を栽培するために区画された農地」
  という意味だそうです。
  それが日本では土壌的にも気候的にも稲作がしやすく、歴史的にも他の穀物に比べて米は最上級の
  扱いを受けたことで、田=稲作地という繋がりが強くなったそうです。



畑
 畑(陸稲、野菜、芝、パイナップル、牧草等)
  というわけで、田が水を張った農地であるのに対して、畑は水を張らない農地のことだそうです。
  面白いのはパイナップルですね。
  
  先生は「パイナップルの害獣」と自称しているくらいパイナップル好きです。
  ※野生の先生をパイナップル畑に放ったら、絶滅するまで食べるという意味だそうです。
 
  先生が一人暮らしの時には生ごみの管理が面倒なので最初から割高なカットパインを買っていた
  らしいのですが、今は私がいるので好きなだけ買ってきます。
  そんなわけで、私も実そのものはよく見ます。

  見るからに怪しい果物を食べるには勇気がいりましたが、結構私も好きな味です。
  ただ先生のように大量に食べると、舌がピリピリしてしまって辛いです。

  南国の果実というと木になっているイメージがあったのですが、
  これは畑にできるものなんですね。
  果樹園との決定的な違いは、木にできるかどうかのようです。
  インターネットの写真検索をしてみると、畑にぼっこり生えててびっくりしました。

  ちなみに、あんなに好きな先生は木になっているとまだ思っているようです。
  後々のために黙っておきます。
   


果樹園
 果樹園(りんご、みかん、梨、桃、栗、ぶどう等)
  そういえば先週のガイアの夜明けでリンゴ狩りをしていました。
  リンゴはあんまり好みの味ではなかったのですが、果物狩りしてみたいですね!
  私は完璧な農耕民族なので狩りの本能なんてないのですが、ちょっと楽しそうです。

  ええ、解ってますよ…。
  ただの収穫だと言うことは…。
  それでも、自分で育てないで、収穫だけ楽しめるのは面白いと思います。

  ちなみに私が好きなこちらの果物は、ぶどう、なし、ライチ。
  特にライチは害獣扱いされてしまうでしょう。
  そういえば、名前も似てますね。 

  先生は「なしは放置しておくと美味しいお酒みたいな匂いがする」と、
  私が居ない時にどんな暮らしをしていたのか気になります。
  


桑畑
 桑畑
  これは日本の地形図ならではの記号だそうです。
  他の記号が大雑把に色々なものをまとめた記号なのですが、これは明確に桑だけです。
  というのもかつての日本では、桑は国を挙げての重要な農作物だったからだそうです。

  まず、これはどう使うのかと言いますと、驚くことに「虫のエサ」です。
  しかも「カイコ」という芋虫専用のエサを国を挙げて作っていたらしいです。

  というのも、カイコが成虫になるために作る繭玉が目当てで、
  この繭玉をほどくと「絹(シルク)」という最高級な繊維が取れるそうなのです。

  この様な産業は「養蚕」と呼ばれ、少なくとも3000年前には行われていたそうです。
  というわけで「カイコ」という虫は完全に家畜化されてしまい、
  もう人間が管理しなければ絶滅してしまう野生には存在していない虫とのことです。

  どれくらい家畜化されたかというと、足が退化しているため、
  桑畑にうじゃうじゃ芋虫がいるのではなく(想像しただけでちょっと気が遠くなりますが)
  箱の中にいるカイコにクワの葉っぱを与えてあげなくてはご飯も食べられないほどだそうです。




茶畑
 茶畑
  お茶はいいですね。
  最近はそば茶にはまっていますが、これは正確には茶葉を利用しないので、
  お茶ではないお茶だそうです。

  紅茶も緑茶も同じ茶だそうで、
  発酵しないものが緑茶、完全に発酵させたものが紅茶だそうです。

  たぶんこれを調べると一週間くらいかかるくらい複雑なので、今日はこの辺にしておきます。
  気になる方はもやしもんを読んで予習しておいてください。

地図記号紹介⑨~未耕地編

 先生に、どこか行きたいところはあるかと聞かれました。
 実現するかどうかは解りませんが、旅行に連れて行ってくれるそうです。
 急に聞かれると迷いますが、雪を見ながら温泉に入りたいですね。
 どうもこんばんはライネです。


 では今日も今日とて地図記号です。
 本日は未耕地というものを説明しましょう。
 ざっくり言えば、木の記号です。

 
広葉樹林
 広葉樹林
  広葉樹とは字の如く、葉っぱの大きい木のことです。
  広葉樹は1年中葉っぱを付けたままの常緑広葉樹と、
  寒くなると葉っぱが枯れる落葉広葉樹に分かれます。
  この違いは、恐らく生物がその気候に適応した結果なのでしょう。

  寒くなって太陽に当たる時間が少なくなると、
  葉っぱを維持するためのエネルギーのほうがもったいない
  (その方が生き残りやすい)と判断した結果、
  葉っぱを足元に落として来年以降の栄養分にしようとするわけです。

  最近外を出歩くと、落ち葉がたくさんありますが、これはそんな落葉広葉樹の選択です。
  ということは、葉っぱは片づけちゃいけないものなのかもしれませんね。
  (こちらの世界では地面がアスファルトで舗装されているので、地面に吸収されませんが)



針葉樹林
 針葉樹林
  針葉樹も字の如く、葉っぱが針のように細い木のことです。
  こちらも常緑と落葉の二種類があるらしいのですが、私は見たことがありませんでした。
  針葉樹自体が寒さに適応した種類なので、
  落葉針葉樹というからには相当寒い所でみられるのでしょう。



ハイマツ地
 ハイマツ地
  地形図の賢いところは、単純に色々な種類の木を描いているのではないのだろうと言う所です。
  つまり、広葉樹は比較的暖かい、日当たりのいいところ。
  針葉樹は寒い、日当たりのわるい所など、おおよその地上の様子も解るようになっていると思うのです。

  ということでハイマツ地はどんなところかなと考えます。
  ハイマツというのは這うように生える松の仲間で、相当寒い所で見られるそうです。

  Wikipediaの記述によると、地球が寒かった頃に日本でも分布していたけれど、
  段々暖かくなってからは、山の高い所だけに取り残されたと書いてあります。
  結果的に、ハイマツが見られるところは山の高いところを意味しているわけですね。



竹林
 竹林
  というわけで、勝手に地形図は賢いものとして見ると、竹林という意味も解ってきそうです。

  竹という植物自体を知ったのがこちらに来てからなので、実際の竹林はあまりよく知らないのですが、
  そういう観点から調べてみると、地表の浅いところを横に這うように根を張るので、
  よく管理された竹林というものは、
  地震などが起こった際に地面を抑えて土砂崩れが起こりにくいそうです。

  また、ジェド豪士さんが言うには、アジアでの戦闘には竹林に注意しろと言う事で、
  野外で人に襲われたら竹林に逃げ込むと良いようです。
  パイナップルアーミーとマスターキートンは勉強になるなぁ…。



笹地
 笹地
  笹と竹の違いが良く解らなかったのですが、
  違いは茎を包む鞘(さや)と呼ばれるところが剥かれないことだそうです。

  これもただ単にそこにあるから描いたという理由だけでないとすれば、
  笹の生える環境を調べるとわかると思います。

  Wikipediaによると、草刈りや川の氾濫、寒冷地での森林伐採などなど、
  他の植物がなくなった後に一番最初に生えるのが笹だそうです。
 
  ということは、川の氾濫が起こりやすいとか、
  何かの理由で他の植物がなくなった後を示すわけですね。
  国土地理院さんの説明では篠竹というものもこの記号が描かれるそうです。
  こちらも主に川岸や海辺の丘陵などに育つらしいので、
  水が近いところでよくみられる記号という意識でいいと思います。

  勝手に地形図をそんなかんじで捉えていますが、
  もしかしたらただよくある植物だから描いているだけかもしれません…


ヤシ
 ヤシ科樹林
  こちらは簡単ですね。
  広葉樹よりも暖かい地域で見ることのできる植物です。

  私でも知っているものはココヤシ。
  先生は近くのイオンに行くと決まってココナッツミルクティーを飲みたがるのですが、
  あのクレープなどが売られている可愛いらしいお店に並ぶのには抵抗があるらしく、
  私に買いに行かせます。

地図記号紹介⑩~道路編1~

 今日の話は道についてです。

 この道を行けばどうなるものか 危ぶむなかれ 危ぶめば道は無し
 踏み出せば その一歩が道となり その一歩が道となる 迷わず行けよ 行けばわかるさ


 どうもこんばんはライネです。
 居間でテレビを見ていたら、お風呂上りの先生が、
 どこにしまってあったのか解らないバスローブ姿でこんなことを言って部屋に帰っていきました。
 たぶん「おやすみなさい」という意味だと思います。

 この日記を書くにあたって聞き直したところ、先生も少しうろ覚えだったのですが、
 これはアントニオ猪木さんの言葉ということです。

 調べてみたら猪木さんは一休宗純という昔のお坊さんの言葉だと言っているようなのですが、 
 さらに調べてみると、どうやら一休さんもそんなことを言ったかどうかが定かではないらしく、
 少なくともWikipediaでは清沢哲夫というわりと近年のお坊さんの言葉であるとありました。

 ただ、それも私が直接確認しているわけではありません。
 多少の言葉の違いもありますので、YOUTUBEで誰かが冗談半分で言っている、
 「(一休さんの言葉だと思っている)アントニオ猪木さんの言葉」という解釈で、
 あながち間違っていないと思います。


 というわけで道です。


道路



 国土地理院さんの説明を見ると、記号の名前は左側にあるような「車線の数」なのですが、
 記号の付き方は右側の道路幅(幅員)で決められているようですね。

 ちなみに車線の数というのは、右車線と左車線(往路と復路)で、
 それぞれ1つとカウントするようです。
 というわけで、真ん中に白い(黄色い)線があって、その両側で車の通る向きが違う場合は、
 2車線とカウントされます。


 もう少し注釈を混ぜますと、歩道(正しい名前は「徒歩道」)ではすべての道が
 描かれるのではなく、まとめて言えば「使われるもの」だけが描かれます。
 また軽車道も重要度の低いものは省略されます。

 あと、未舗装だったり車両交通が規制されている林道や、
 普通の人が通らない(畑の中の)道路などは、3m以上でも「軽車道」として扱われるそうです。


 「真幅」道路とは、道路の幅がちゃんと描かれているという意味だそうです。
 これは地形図を見る時の要注意ポイントですね。

 今まで話してきている「地図記号」というのはあくまでも大きさが決まった記号です。
 たとえば、小さい郵便局も大きい郵便局も同じ記号がつかわれます。
 (ものすごく大きければ、「〇〇郵便局」みたいな書かれ方もするかもしれませんが)

 ということは仮に2.5万分の1の地形図で郵便局の記号が1cm×1cmだとすると、
 実際の建物の大きさ250m×250mならば、正しい大きさで描かれているということになりますが、
 それよりも小さい建物だとしても記号が小さくなったりしないわけです。

 忘れがちになってしまいますが、道路も「記号」です。
 というわけで、「真幅」以外の道路は、実際の大きさ(太さ)を無視しているわけです。
 道路幅25mというのは、2.5万分の1の地形図では1mmになります。

 なので「真幅」というのは25m以上の道路に限り、本当に2.5万分の1で描いてますよ。
 という意味なのです。
 ただし0.1mm単位で縮尺するらしいので、実際の道路の太さには2.5m程度の誤差があります。


  
 もうひとつ気になるものとして「街路」というものがあります。
 同じような「道路」の記号なのですが、建物が密集している地域で見られる道路を言うそうです。
 この場合は前述の道路の記号がそのまま使われません。

 具体的には道路の幅が10m~25mの街路は真幅道路と同じように、
 0.1mm単位で縮尺した描かれ方をするそうです。
 言い方を変えれば、

 「建物が密集した地域では、10m以上ある道路はしっかり2.5万分の1されて描かれている」
  ※ただし2.5m程度の誤差はある。
  ※3m~10mの道路は、0.4mmで描かれる。

 ということです。 



 ぶっちゃけてしまうと、普段使う分には知らなくても全く問題ないと思います。
 仮に知っていても目測で0.1mmの違いが分かる人でなければ、あまり意味はありません。
 定規を使えばわかるのですが、それでも2.5m程度の誤差が生じてしまうのは避けられないので、
 正確な道路幅を知りたい時には、しっかり現地で測量した方がいいと思います。

 というわけで、たぶんこのルールは見せるためというよりは、地図を作るためのものですね。
 (今日も見てくれて)アリガトー!!
プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。