FC2ブログ

憧れの女性に会ってきました

 どうもこんばんは、ライネです。
 憧れの、真珠の耳飾りの少女さんに会ってきました。

419px-Johannes_Vermeer_(1632-1675)_-_The_Girl_With_The_Pearl_Earring_(1665).jpg

 この方です。

 本当ならオランダまで行かないとみることができないのですが、
 今月の17日まで、上野の東京都美術館にいらっしゃいます。
 興味を持たれた方はいかがでしょうか?
 ちなみに今月末から来年初めまでは神戸市立博物館でも見ることができるそうです。

 黒い背景に浮かぶ白い肌と、目が覚めるような青いターバン。
 美しいですね。
 あと、唇が可愛かったです。


 参考までに、平日の夕方に行ったのに、入館まで30分待ちでした。
 ほとんどの人が、この方を見るために来ているようで、
 この方の前でも待たされました。

 できることなら本当に素晴らしい絵画は、目の前に座ってゆっくり見てみたいものです。
 とりあえず、お土産のポスターを部屋に張らせてもらったので、
 ゆっくり鑑賞させていただきます。

 そういえば以前、この人は意外と小さいと聞かされたのですが、
 それほど小さくなく、むしろ等身大くらいに感じました。


 調べてみると、元々この絵はもっと汚れていて、あまり評価されておらず、
 1万円程で売られていたそうです。
 正直、これが1万円なら評価されていなくても私なら頑張って買いますね。
 もっとも、プロフェッサー藤田レベルの修復技術があればの話ですが…。

 ちなみに、芸術を値段で評価するというのは、良く解りませんが、
 今、この作品が売りに出されたら100億円くらいだそうです。
 それはさすがにどうしようもありませんね…。


 結局美術館に2時間ばかりいたので疲れ果ててしまいました。
 本当なら国立上野博物館にも行きたかったのですが、
 これはまた次回にしたいと思います。

 というのも、先生は上野という場所に強いトラウマがあるそうで、
 あまり行きたがらないのです。
 今回も私が強くねだったのと、先生も彼女に会いたかったらしく、
 先生の仕事終わりに合わせて行けたのですが、
 はたして、次はいつになるやら。


 さて、今日はさくっと世界地図の話の続きでもしましょうかね。
 ひとまず、こちらの世界地図をご覧ください。

大陸

 今更ですが、この世界には6つの大陸と3つの大洋があります。
 この図では南極大陸が見えにくいですが、
 名前はそれぞれ、

 A:ユーラシア大陸 B:アフリカ大陸 C:オーストラリア大陸
 D:北アメリカ大陸 E:南アメリカ大陸 F:南極大陸

 G:太平洋  H:大西洋  I:インド洋


 なお、この分類にはあまり厳密な概念がなく、あやふやだそうです。
 たしかに、DとEは陸続きなので、アメリカ大陸と言うこともできるし、
 AとBをひとつの大陸として、アフロ・ユーラシア大陸と呼ぶ場合もあるそうです。

 またAをアジア大陸とヨーロッパ大陸に分ける場合などもあり、
 あくまでもこれは通念的な呼び方だと思っておくといいと思います。

 ちなみに日本は島国なので、地域としてはユーラシア(アジア)には入るものの、
 厳密には、どこの大陸にも属しておりません。


 あと、この分類も現時点のものでして、過去及び未来には異なる大陸分布があったそうです。
 確かに地図を見ると、BとEがくっついていたとしてもまったくおかしくありません。
 偶然にしては出来すぎな話でして、これに疑問をもったドイツの気象学者、ウェゲナー氏は、
 今から100年ほど前に、大陸移動説を発表しました。
 これについては、またいづれ。

テーマ : 絵画
ジャンル : 学問・文化・芸術

太平洋の範囲

 どうもこんばんは、ライネです。
 本日も世界地図についてみていきたいと考えていました。
 考えていたのですが、私の第一の疑問は答えが見つからず、
 これはどこか専門機関に問い合わせなければいけなそうです。

 そうなってくると先生の力を借りなければいけないのですが、
 先生は北海道に行ってしまいました。

 お留守番です…。
 でも、お土産に水曜どうでしょうDVDを頼んでいるので、今から楽しみです。


 疑問というのは、世界の三大洋の範囲はどこからどこまでかというものなのです。
 で、どうやら国際水路機関という組織がこの辺を決めているようなのですが、
 英語の壁がありました。

 恐らく、最近日本で話題になっている海の名前問題に関する資料が手に入れば、
 解決すると思うのですが、話題になり過ぎてしまっていて、インターネットでは探しきれなさそうです。

 ひとまず、ななつの海の秘密は解ったので無駄ではなかったのですが、
 太平洋、大西洋、インド洋の厳密な範囲に関しては先送りにさせて下さい。


 ななつの海とは以下の海洋を指すそうです。
 

・太平洋(北太平洋、南太平洋)
 ・大西洋(北大西洋、南大西洋)
   ※南北の境界は赤道
 ・インド洋
 ・北極海
 ・南極海


 ついでに、太平洋と大西洋という名前で、何故「太」と「大」なのかという謎ですが、
 こちらも解決しました。

 太平洋というものは、太平な(平和な)海という意味で、大西洋は大きな西の海という意味だそうです。
 これは日本語に訳した人の罠だと思います。

 ちなみに先生は、日本列島が「太」の点なんだよと言っていました。
 そっちの方が覚えやすいですね。



 さすがにこれだけで終わってしまうと悔しいので、自己流ではありますが、一応の境界を示してみます。
 使う資料は、先生の書庫にあった二宮書店の統計資料。

 この資料を見ると、太平洋、大西洋、インド洋、北極海とその周辺の海の面積が出ています。
 おそらく、南極海は太平洋、大西洋、インド洋の一部としてそれぞれ計算されているのだと思います。


 また、この資料は太平洋の面積、そしてその周辺の海の面積が個別に出ており、
 その他の表記がなく、全ての数値を足し合わせたものが全海洋の総面積と近似しています。
 
 ということは少なくともこの資料の場合、太平洋は以下の範囲ということになります。
太平洋

 A:豪亜地中海(スンダ列島とフィリピン諸島の間の海域)
   別の資料によると、オーストラリアとニューギニア島まで含まれるらしい?
 B:ベーリング海
 C:オホーツク海
 D:黄海・東シナ海
 E:日本海
 F:カリフォルニア湾

 を除く海域。
 って、これだと3カ所ほど境界がわからないところがあります。
 もうお手上げですので、これはもう少し調査時間を下さい。

 それではまた明日。
 この件について、くわしく解る人、もしくは正確なソースがわかる人がいらっしゃいましたら、
 教えてください。


 追伸。
 もっとも、境界線の存在しないところで、どこからどこまでが太平洋なのかとか言っても、
 あまり有用な知識じゃないですね。
 まあ、名前も同様ですよ…。

お米の作り方

 こんばんは、ライネです。
 本日も先生は出張中につきお留守番です。
 昼御飯はいつも一人でしたが、一人の夕飯は寂しいものですね。
 そういえば三食とも一人で食べるのは生まれて初めてかもしれません。


 いつのまにやら、先生の常識を植え付けられておりまして、
 いつもは朝はパンで、夜は御米だったのですが、今日の夜は買ってきたドーナッツを食べました。
 これが寂しさを忘れるほど、おいしくてしょうがありません。

 ミスタードーナッツでは、エンゼルフレンチとエンゼルクリームが無双ですね。
 あとはポンデリングもなかなか。
 普通のドーナッツに関しては、スーパーマーケットで売っているやつが好きです。
 

 この家の風習では夕飯は御米なのですが、きっとドーナッツだとしても、先生は怒らないとは思います。
 けれども私自身、夕飯がドーナッツだけというのには、いささか違う気がしています。


 そもそも、元の世界では好き嫌いとかメニューにあれこれ言える程、選択肢がありませんでした。
 基本的には毎日毎日、飽きることも知らずに、こちらのイモに近い物ばかりでして、
 それに比べると、何であれ夢のような食生活を送らせていただいております。
 
 正直なところ、今、元の世界に帰れると言われた場合、
 インターネットやエンターテイメントの面でも大変困るのですが、
 なによりもこちらの御飯に慣れてしまって、あの食生活で満足できるかというのが一番の不安です。

 というわけで、文句の付けようもないのですが、明らかに朝パン、夜御米という生活は、
 先生の好みに合わせて、私にも染みついてしまった習慣だと思います。
 
 いつか機会があったら、このお話も詳しくしたいとは思っているのですが、
 一番最初にまだこちらの文化はおろか、言葉も解らなかったときに、
 先生が出すままの食事をとっていたのの名残なんでしょうね。
 今では私も立派な御米派です。

 
 ああ、そうか、お米の作り方を勉強していけばいいのか…。
 そうすればもし元の世界に帰れても大丈夫ですね。


 と、いうことで、御米に関して今日は少しまとめてみましょう。
 そもそも、御米は稲から取れるそうです。
 稲の果実のことをモミと呼んで、モミの皮を取ったのが御米なのですね。

 つまり、私がもし元の世界に戻って御米を食べるとすれば、稲を育てなければなりません。
 普段私が食べている御米は、コシヒカリとかひとめぼれとかササニシキとかあきたこまちとかいう名前ですが、
 これは、日本などの温帯の島国で作られている、ジャポニカ米という品種だそうです。

 なお、ジャポニカ米ではない御米にはインディカ米というものがあり、
 こちらはインドや東南アジアなどのユーラシア大陸で作られているのだとか。


 まだ、インディカ米を食べたことがない(と思う)のですが、
 こちらはジャポニカ米に比べると、粘り気が少なくてパサパサしているようです。


 実は、最初は炊飯器の取扱説明書通りに、既定量の水を入れていたのですが、
 これだと、どうもベチョベチョしていまして、私が御米を炊くときには、
 いつも水の量を少な目に設定してわざと少しだけパサパサさせています。

 もしかすると、インディカ米の方が好みなのかもしれないですね。



 さて、日本語では稲を育てることを稲作と呼びまして、育てる土地を田と呼びます。
 異世界から語学を勉強した私の感覚なのですが、田とか水田とか言うように、
 「米を作る土地」という言葉と似ていない、想定しにくい、というかオリジナル性が高い場合、
 昔からそれを大事にしてきたという特徴を知ることができます。

 水なんかも代表的ですね。
 凍ったら氷、暖かいならお湯、期待になったら湯気、降ってくるなら雨などなど、
 同じものを指しているのに、状況で使う言葉が違うということは、それだけ大切なものなわけです。

 で、稲作なのですが、日本の方法を参考にするため、新潟の農業組合さんのウェブサイトから、
 簡単にまとめてみます。
 何故新潟かというと、まあおいしい御米と言えばこのあたりかなというだけです。
 私個人としては、御米そのものがすでにおいしいので、新潟にこだわる必要はありません。


 ①種を手に入れて選別する。
  食塩水などを使って沈んだものを使う。
  詳しく調べてみたら濃度は水20リットルに対して4Kgくらいだそうです。

 ②春になってから種をまいて苗を育てる。

 ③土地を耕して、田を作る。
  肥料を混ぜて土を掘り起こす。
  田に水を張って表面を整えて苗を植えやすくする。

 ④苗が育ったら田植えを行う。
  葉が2枚以上、苗の長さが12㎝程にまで育てる。
  これを一定間隔で、5本程度まとめて植える。
 
 ⑤田に水を3~4㎝張って寒さから稲を守る。

 ⑥稲が夏にかけて成長する。
  雑草を取り、肥料を与える。

 ⑦初夏になったら、水を抜いて田を乾燥させる。
  こうすると根が伸びて肥料をよく吸収する。

 ⑧夏本番になると、稲の花が咲く。
  花が咲いてから40日程したら稲穂の色が変わって、垂れ下がる。
 
 ⑨収穫。
  田から5㎝程のところから刈り取る。

 ⑩刈り取った稲を太陽で乾燥する。

 ⑪もみを集めて皮を取れば御米のできあがり。
 

 簡単に見えるのですが、相手は植物ですので、なかなか敵も多そうですね。
 基本的には、大量の水と暖かい気候があれば、成功するかどうかはさておいて何とかなりそうです。
 種を手に入れれば元の世界でも出来るかもしれません。

嘘つきな地図

 こんばんは、ライネです。
 このブログを始めた頃から、まだ一か月も経っていませんが、ずいぶんと夜の時間が長くなりましたね。
 以前言ったように、私は元々、太陽が沈む頃に寝ていたので、どうも生活のリズムが崩れがちです。

 先生は毎日決まった時間に寝ているので、それに合わせて寝ようという気になるのですが、
 ここ数日は先生がいなので、ずるずると秋の夜長を楽しんでしまいがちになっています。

 私は10時間程度寝ないと調子が狂うのですが、ここのところ8時間くらいしか寝ていません。
 というより、読書中に気付いたらそのまま電源が落ちるように寝ています。

 
 強制シャットダウン睡眠は結構気持ちいいものなのですが、反動が辛いのです。
 朝日が出ると強制起動してしまうので、どうしてもお昼寝が必要になります。
 まあ、明日の夜には先生が帰ってくるそうなので、今日は早めに書いて、早めに寝かせていただきます。
 最近怠けていたので、明日は大掃除です!
 先生に捨てられたらシャレになりません。


 さて、今日のお題は、私が世界地図を見ていて気付いたことです。
 きっと長くなるので、数回に分けて疑問を解決していきたいと思います。

 まずは、割と早い段階で気づいていたのですが、この地図っておかしくないですか?

世界地図

 立体を平面で表現している時点で少なからずおかしいのですが、
 もっとへんなのは、縦線と横線(経線と緯線)です。
 上の地図のままだと、見えにくいので、縦線と横線を濃くすると、こちら。

経線・緯線

 うん。やっぱり、いろいろおかしいです。
 横線(緯線)の間隔は開いているのもおかしいのですが、それよりも根本的な問題があります。
 だって、球を表現しているのですから、少なくとも縦線(経線)は次のようにならなければいけません。

経度の姿

 つまり、先ほどの世界地図は図の上下を無理やり広げて描かれているのです。
 ためしに地球儀で緯度の異なる2点間の最短距離を導いてみます。

 球面上の最短距離を導くのに定規は使えません。
 けれども、最短距離だけなら簡単に調べることができます。
 用意するものは一本の紐があれば十分です。

 これを2点間にピンと張るように合わせれば、紐が最短距離になるはずです。
 すると、次の線が最短距離であることが分かります。

大圏航路

 気が付いたでしょうか?
 最初の世界地図の同じ2点間を直線で結ぶと、次のようになるわけです。

等角航路

 通っているところが全然違いますよね。
 ということは、この世界地図では直線が最短距離を示していないことが分かります。
 この地図を使ってどこかに行く場合、まっすぐ進んでいるハズでも、遠回りしていることになるのです。

 そんな地図使えないですよね。
 どういうことでしょうか?
 次回以降、この辺の話を詳しく考えていきたいと思います。

テーマ : 雑学・情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

私の状況判断

もしこんな状況になったどうする?バトン

Q1 朝起きると隣に見知らぬ異性が全裸で眠っていた!どうする?
A1 ひとまず、昨日の行動を思い出す。
Q2 街を歩いていたら貴方の頭上に巨大な隕石が降ってきた!どうする?
A2 じっと見続けてしまうでしょうね。
Q3 突然異世界に飛ばされた!どうする?
A3 その世界がどのような世界なのか研究・考察しています。
Q4 目の前に巨大なロボットが倒れている。しかも操縦席っぽい所が開いているではないか。どうする?
A4 落し物を拾ったら持ち主を捜します。
Q5 実の親だと思っていた人に突然「実はお前は私たちの息子じゃないんだ・・・」と言われた!どうする?
A5 それでも育ててくれてありがとうと答えて、そのままかな。
Q6 家に帰ったら泥棒と鉢合わせに!!どうする?
A6 ゴングが鳴りました。
Q7 ドラゴンボールを7つ集めたのにシェンロン(神龍)が出てこない!どうする?
A7 メーカーに問い合わせます。
Q8 おはぎに針が入っていた!どうする?
A8 同上。
Q9 竹やぶの中から凄い数のお札を発見した!どうする?
A9 警察に届けたいのですが、身分が怪しいので先生にお願いします。
Q10 朝、突然親に「勇者よ、起きなさい。貴方は今から魔王を倒しに行くんですよ」と言われた!どうする?
A10 とりあえず朝ごはんを所望します。
Q11 パソコンのCドライヴの中身を他人に見られた!どうする?
A11 大切なものはリムーバブルメディアに入れて保管しましょう。
Q12 医者に「残念ながら・・・貴方はガン(癌)です。」と言われた。どうする?
A12 ガーン!
Q13 風呂に入っていたら突然風呂が爆発した!どうする?
A13 どうするもこうするもない!
Q14 下駄箱に手紙が入っていた!しかもラブレターだ!どうする?
A14 まずは読もう。
Q15 このバトンを3人に回せと言われた!どうする?
A15 無理。
こんばんは、ライネです。
久々のバトン回です。

もしこんな状況になったらどうする?
という設問の中に、どうした?
というものが2つほどありました。
Q1に関しては追って、詳細を説明したいと思います。
プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック