スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この世界のかたち

 ブラックサンダーアイスが美味しすぎて困る。
 あと、最近暑すぎて困る。
 さらにエアコンの部屋が快適過ぎて困る。
 こちらの世界に来てから、不便さで困ることも少しあったけれど、
 それよりも快適過ぎて困ることの方が多い気がします。

 どうも、こんにちはライネです。
 さて、日記と言いましても、最近はあまり外に出ることはなく、
 家の中で先生とゴロゴロしているくらいなので、あまり書く内容がありません。
  ※先生注:変な事はしていません

 というわけで、こちらに来てから考えたことを書きます。
 まず、日本語の勉強をしつつ、一番はじめに思ったのは、
 この世界はどのような形をしているのだろうかということです。

 私が知っている限りの物理法則のすべてが一緒ですし、私もほとんど平気に暮らすことができているので、
 元居た世界との極端な違いはないと思うのですが、何分、どこから手を付けていけばわからなかったので、
 とりあえず、この世界の形を知ろうと思ったわけです。

 先生に聞けば一番正確で楽なのでしょうが、
 そもそも、その頃はまだ日本語で複雑な意思を伝えることができなかったので、
 まあできるところまで自分で考えてみたわけです。


 まず、どうすれば世界の形がわかるのでしょうか。
 私は学校だったか、本だったか、誰かに聞かされたかで、元居た世界が球であるということを知っていました。
 そして、それに疑うこともなく暮らしていました。

 世界の形を知る方法なんて、さすがの私も考えたことがありません。
 半日ほど無駄に頭を使った結果、形を知る方法というより、この世界が仮に球であるとして、
 本当に球かどうかを確かめる方法を考えればいい。と閃いたわけです。

 結局、そのあと、一晩まるまる考えて、3つの方法を発見したので以下にまとめます。
 ちなみに方法名は私が適当に付けたものなので、特に深い意味はありません。


①単純観測法
 この世界が球であるならば、どこから見ても遠く離れていく物は足元から消えていく。
  方法:巨大な船が遠く見えなくなるまでの様子を海辺から観測する。
3-1 3-2
 このとき、もしも世界が球形ならば、船が見えなくなる時には、先に船体が消え、その後に帆が消えるハズ。
 ちなみに、平面上の世界の場合、どこまで行っても船は小さくなるだけでこのような消え方はしない。
  ※空気などで光がさえぎられてしまうため、この証明は相当大きな船をつかわないと難しいかも?
  ※船の距離と視線の高さが正確に測れるならば、球の大きさも計測できるけれど、とてつもなく難しい。


②太陽(時間)観測法
 この世界が本当に球であるならば、遠く離れている場所ほど、時間(朝か夜か)が違う。
  方法:いくつかの地点で同時に太陽を観測する。
3-3 3-4
 Aの正午から、Eの夜まで、地域によって時間(太陽の見え方)が異なるハズ。
 球面以外の世界の場合、角度は場所によって変わっても朝と夜は世界で同時におこる。
  ※平面の場合、2地点の距離と太陽と角度が分かれば、太陽までの距離が計算できる。
  ※球面の場合も計算できるかもしれない?
  ※正確な時計を持った複数の人が遠い距離で同時に観測しないといけないので大変。
  ※円筒であるという説明もできるが、①、③の説明で否定できる。
  ※これは2地点が東西方向の場合に限定。南北方向の場合はまた後日に考察する。


③月(月食)観測法
 この世界が本当に球であるならば、月食の時に見える世界の影はどんな時にでも円に見える。
  方法:昔からの月食の記録から判断する。
3-5
 私の考察が合っているのならば、今までもこれからも月食の時に見える影の形は円であるはず。
 仮に、正方形ならば影はいつでも四角、三角柱の場合は三角や四角に見える。

 これは次の理由による。
 ・世界、太陽、月のうち最低でも2つは動いていないと、
  月食、夜と朝、月の満ち欠け、月の出る時間の違いなどが説明できない。
  (神様がそれぞれの天体に明かりを灯しているのなら、話は別だけど…)
 ・その結果、世界のどこから観測しても、いつ観測しても月食の時に見える世界の影が円であるならば、
  球体以外ありえない。(円の場合も考えられるが、②の説明で否定できる)


 これらのことを実際に調べることができれば、この世界は球面上にあるということが分かるはずです。

 残念なことに、こちらの世界の技術では球面から飛び出して、直接この星を観測することができることが
 後に先生から教えられました。

 先生の事を信じていないという訳ではなく、この世界の事を何も知らなかった私にとって、
 地味ですがこういう所から、この世界への理解度を増していくというか、地に足を付けて理解していく
 ということが、結構重要な事だったわけです。

 まあ、いい暇つぶしにもなったわけですが、この後もこのような、この世界の常識を、異世界人の私が頑張って
 裏付けしていくという意味の解らない遊びは続きます。 
スポンサーサイト

現在位置を調べる方法(緯度編)

 物理やら数学やらというものは、神様のやっているチェスを眺めて、ルールを探すことだ。
 リチャード・P・ファインマン(意訳)

 こちらの世界の学者さんはなかなか面白い言葉を残していますね。
 こんばんは、ライネです。

 前回、物理法則なんてことを少し口走っていますが、そんなに難しいことを知っているわけではありません。
 単純に、こちらの世界でも物を投げれば私が知っているように飛んでいくとか、ベッドから落ちると痛いとか、
 その程度のことです。

 でも、先ほどの言葉にあるように、こういうのは宇宙共通のルールなわけで、
 まだ日本語が不自由だったころ、前回乗せた図を先生に見せたら、ずいぶん面白がってくれました。

 ああいう図は元々、私が紙に直筆で書いたものを、今回コンピューターで描きなおしたもので、
 オリジナルはラザフォードの言語で書かれていたのですが、それでも図から何を示しているのか
 大体読み取ってくれたようです。

 ついでに、その頃見せてもらったウェブサイトがこちら。
  地球上どこでも日食・月食・星食情報データベース (http://www.hucc.hokudai.ac.jp/~x10553/)

 これもそうですが、このインターネットというシステムそのものに対して、
 家に居ながらにして多くの情報を手に入れられるのかと愕然とした記憶があります。
 もちろん、今私がこうしてブログを書いているように、誰でも自由に情報を発信できるということは、
 画期的な反面、情報の真偽を自分で判断しなくてはならないという問題もありますが…。

 まあ、それを言ってしまえば、一般的な偽の度合いこそ変われども、本当は情報というものすべては、
 自分で判断しなくてはいけないのですけれどね。


 さて、今日のお話なのですが、世界が球であることを確認したあと、私が何をしたかと言いますと、
 現在位置を確認することにしました。
 先ほどのウェブサイトでも見ることができますが、世界の様子はこのようになっているそうです。
4-1

 私が居た世界では、こんなにしっかりした世界地図を見たことがなかったので自信ありませんが、
 残念ながら私が住んでいたラザフォードに該当する場所はなさそうです。
 先生が言うには、私が今居る場所は★の位置ということなのですが、
 少なくとも縦方向の位置(緯度)ならば、私が知っている方法で確認することができます。


 その方法に関しては、次の図をご覧ください。
4-2
 イメージ的に真上にあるのですが、縦長の図を入れると紙幅がもったいないので、横に傾けています。
 まあ、宇宙には上も下もないということで、ご容赦ください。

 さて、地球がどう動いているかについてはまた後日、説明するとして、
 夜に見える星の多くは、地球の動きなんか無視できるほど遠くから光を放っています。

 その中で、いつ見ても動かない星というものがあるのはご存じでしょうか。
 こちらの世界にもあるそうで、先生はそれを北極星と呼びました。
 ラザフォードでは主神イオの星と呼んでいたのですが、これが同じ星かどうかはわかりません。

 と、いうのも、動かない星というのは、図の点線のように、地球の回転軸(自転軸)の延長線上に
 あるからという、それだけの理由だからです。

 ちなみに古くから神(北極星)は、不動にして私たちを常に見ているなんて言われてきたのですが、
 それを科学者が「星に感情があるかどうかはさておき、少なくとも不動なのは単純にそういう理屈だ」
 と言ってしまったため、私の居た世界では昔、これについて宗教家と科学者の間で大ゲンカをしたらしいです。

 まあ、そういうことで、私の言うイオと、こちらでいう北極星が同じ星かどうかはわかりませんが、
 機能的には同じだと思います。


 少し横道にそれてしまいましたが、前述のように北極星は地球の自転軸の延長線上にあるため、
 自転軸上(北緯90度)で見れば、真上、つまり目線に対して90度上の方向にあるわけです。
 この理屈で言えば、北極星の見える角度というのは、緯度と同じになるわけです。
 詳しくは図を参考にしてください。
4-3
 感覚的に違う場所から観測しているのだから、見え方が違うのではないか。
 と、思うかもしれませんが、北極星の位置は観測地点の違いを誤差にするほど、遠い場所にあるので、
 恐ろしいほど正確な計器を使わなければ違いは出ないと思います。
 ただでさえ目分量な目線の角度なので、むしろそっちの誤差のほうが大きくなるかと思います。

 ここは、夜でも異常に明るいため、星が見えにくいのですが、この方法を使えば緯度を知ることができます。
 判断方法が逆になってしまいますが、目線の角度が30~40度になればこの方法が正しいことがわかりますね。

 経度を知る方法もあると言えばあるのですが、この方法は絶対的な位置を知ることができるわけではないので、
 また今度お話したいと思います。
 それではまた次回。

子午線ってどういう意味?

 日本語の勉強だと思ってTVをよく見るのですが…
 ぷっちょのCMが怖いいいいぃぃぃ!!!

 CMというのは要するに、商品を売るためのお知らせなのです。
 確かに新商品などを店先で声を出して売るより、はるかに広く大勢に知らせることができると思いますが、
 逆イメージがついてしまうような方法を取るのはいかがなものかと思う異世界人のライネです。
 こんばんは。

 こちらではそれが普通なのですかね?
 印象づける事には成功していると思いますが…


 さて、TVといえば、先日までオリンピックなるスポーツの祭典がやっていました。
 ラザフォードでも似たようなお祭りというか競技会はあるのですが、
 あっちのに比べて、こちらはずいぶん安全を考えていますね。
 基本、ラザフォードのは死人が出ますよ?
 こちらに比べて一般に寿命以外での死が身近なので、あんまり問題視されませんけどね。

 むしろ競技会で結果を残すと、一般庶民でも下級貴族入りというか、
 身分が上がったり、特別な仕事に付けたりするという方が魅力のようです。
 まあ私は出ようと思ったことすらありませんし、参加者は化け物のような人しか出ませんしね。

 ちなみに私はこちらのオリンピックでは段違い平行棒がすごいと思いました。
 そもそもオリンピック競技の体操というのは、あの近所のちびっこが広場で朝やっている
 ラジオ体操とかの体操の延長線上なのですかね?

 それにしては何か物理法則を無視しているというか、超人的というか、
 こちらの世界にも、魔法使いっているのでしょうか?
 んで、その中でも段違い平行棒はちょっと、いい意味で理解に苦しみます。
 凄すぎる…

 たぶんあれができるのは、ラザフォードでもごく一部の魔法使いくらいだと思います。
 魔法使いの話についてはまた今度。※
  ※先生注:「魔法使い」はライネが説明するものを私が無理やり日本語にしたものです。


 あと、先生はオリンピックでは開会式が一番好きだそうです。
 こちらの競技会は国単位がグループになっているので、あの国はどこにあるとか、あの国はどうだとか、
 世界地図片手に、熱心に語っていました。
 まあ、ありがたいのですが、先生は自分の趣味の世界に入ると、ちょっと暑苦しいです。※
  ※先生注:ごめんなさい。



 そんな、先生の話で知ったのですが、オリンピックが開催されたロンドンは世界の中心だそうです。
 球の中心が表面にあるなんておかしな話だとおもうのですが、そういう数学的な話ではなく、
 歴史的にすごく力を持っていたという意味だそうです。


 その名残として、今もロンドン郊外に位置する旧グリニッジ天文台という所には、
 経度0度があるそうです。
 なるほど、確かにそれはある意味中心ですね。


 旧グリニッジ天文台というからには新グリニッジ天文台はどこにあるのかと、調べたところ。
 そんなものはないそうです。
 というか、昔は天文台として機能していたけれど、今はもう建物はあるけれど、そこで天体観測を
 しているわけじゃないという意味で旧だそうです。

 日本語って難しいですね…。



 もうひとつついでに、経度0度の事を、日本語では本初子午線と呼ぶそうです。
 本初という意味に関しては、まあ0の事を言っているのだろうなとわかるのですが、
 子午線ってなんでしょうか?

 これに関しても調べたところ、子午線というのは日本語で経線の事だそうです。
 昔の日本は、今でいう十二支で方角や時刻を示していたらしく。


 丁度時計の12時の位置がねずみの「子」で、1時が「丑」、2時が「寅」といって、
 6時の位置にくるのが馬を示す漢字の「午」だから、12時の方角から6時の方角をつなぐ線で、
 子午線と呼んでいるそうです。


 んで、昔は12時間ではなく、時計を24時間で示していたので、午はお昼の12時ということになります。
 なるほど、だから午よりも前の時間のことを「午前」、後の時間を「午後」って呼ぶんですね。

 日本語って本当にややこしいなあ…。

経度のひみつ

 先生が言うには学校教育で思っている以上に役に立つのは古典だそうです。
 古典なんて何の役にたつんだと、ネタにするときも含めて、
 言ってみれば社会人になった時の会話の種として、とても役に立つのだとかなんとか。
 まさにそれが古典的(あるあるネタ)ということだそうです。

 私は日本の古典文学に関して、まだ全くと言っていいほど知りませんが、、
 そのうち手を出してみたいジャンルではあります。
 どうもこんばんは、ライネです。


 さて、前回少し触った経度の話なのですが、先生が言うには、
 私の方法を使っても、こちらの世界では絶対的な経度を出すことができるそうです。
 そのためには、心苦しいのですが、経度と時差の話をしなくてはなりません。
 遠回りのようですが、この話は何回かにわたると思います。


 実は緯度というものは、私のいた世界でも一般的だったのですが、
 経度というものは、少しあやふやです。

 というのも、球体はどの角度から切っても半分に切れば同じ形になるからです。
 私のつたない語彙力では、このあやふや感を説明出来ないのが心苦しい…。

 その中でも緯度は、太陽との位置関係からわりと理論的に決められています。
 春分・秋分の日に真上から太陽が当たる地点が緯度0度の赤道です。
 ここから、南北に90度ずつ、北極・南極まで分けられています。
 
 
 それに対して、こちらの世界の経度は単純に発言力が強かったイギリスを
 基準として決められています。(前回参照)
 旧グリニッジ天文台を通って、地球を真っ二つに割れる線が経度0度です。
 これを日本では本初子午線と呼んでいます。
 詳しくは図を参考にしてください。
経度
 ちなみに、同じ経度の地点を結んだ線を経線、
 同じ緯度の地点を結んだ線を緯線と呼んでいます。
 こちらも図を参考のこと。
緯度と経度
 不思議だなと思ったことは、経度は0度から360度まであるのではなく、
 0度を中心に西側を西経、東側を東経と呼び、両方が180度ずつあるそうです。
 ちなみに0度は西経とか東経とか呼ばずに、ただ経度と呼ぶそうです。


 で、かつて私がこの話を聞いた時に、緯度を縦にしたのが経度じゃないの?
 と、直感的に思ってしまったのですが、今更良く良く考えると全然別物です。

 緯度と経度とセットになっているため混同しやすいのですが、
 経線はどこから切っても地球を真っ二つにすることができます。
 けれども緯線は赤道でしか真っ二つに切ることができません。

 
 意地汚い兄弟がケーキを二つにするときは、
 経線で切らないと、ケンカになってしまいます。
 緯線で切る時は赤道で切らないといけません。
 まあ、私なら絶対にクリームの載っている上半球を頂きますが…。


 はっ、例え話になってない!


 でも、聡明な読者様なら大体わかっていただけたと信じております。
 そもそも、こんな色気のないブログを見ている人はあまりいないのですが、
 そのうえ、読者を選ぶブログです。
 すいませんでした。

 以下余談ですが…
 ニコニコ動画の生放送とかでは、アクセス数のために脱ぐ人がいるらしいのですが、
 私は安売りするつもりはこれっぽっちもありません。
 どやぁ!

時間の決まり方

 今月はほとんど家の中に居ました。
 先生も似たようなものなのですが、その先生から引きこもり疑惑を掛けられました。
 暑いんだからしょうがないじゃない!

 どうもこんばんは、ライネです。

 最近は少し慣れてきましたが、先月末くらいからの暑さは、
 こちらの気候に慣れていない私には、ものすごく辛いです。
 クーラーは人類の至宝。まさに科学の勝利、ですね!
 

 さて、本当はたまには緩いお話でもしようかなと思っているのです。
 このサイトは基本的に私の備忘録ですので、アクセス数なんて気にしていなかったのですが、
 先生があまりにもひどいと憐れみの目で見られています。

 確かに、5回に1回くらいは、ゆるーいお話でもしないと、意外と編集が大変ですので、
 前々々回からの話がうまくまとまったら、少しだけ休憩させていただきます。


 で、何の話をしているかというと、絶対的な位置を現代機器を使わずに測定する方法について
 考察しているわけです。

 緯度に関しては、自転軸の延長線上にある星を使えば簡単にわかるのですが、
 経度に関しては、少しややこしい説明が必要なので、遠回りになりますが、
 前々回の経度とはそもそも何って話と、今回の時間の決め方の話をしなくてはなりません。

 ただでさえ読者の寄りつかないブログですが、そんなこと気にせず行かせていただきます。


 そもそも時間って何?
 どうやって決まっているの?

 ということで、今日は回りくどいですが、その辺からお話しします。
 まずさきに諸注意ですが、日本語では時間と言っても、睡眠時間のような期間を示す時間と、
 起床時間のような時刻を示す時間というように、区別がつきにくいので、
 以後、起床時間などの方を「時刻」と言います。
 

 あちらの世界でも時刻を示すことはあったのですが、こちらの世界に比べるとあやふやで、
 基本的には太陽の高さなどから判断して、一日を10個の時刻に分けて生活していました。

 ちなみにこれは私の感覚でしかないのですが、こちらの世界はあちらの世界よりも数時間、
 1日が長いような気がします。
 少し推理していただければわかると思いますが、これはあくまで私の感覚です。

 何と言っても、こちらの世界に来てから見るものすべてが新鮮でして、
 ただ時間の感覚がゆっくりに感じているだけなのかもしれません。


 実はあちらの世界にも時計のようにわかりやすく時刻を示してくれるような装置が
 あったのですが、そもそも携帯できるような大きさではなく、こちらの世界でいう所の、
 壁掛け時計のように家や街の目立つところにあるだけでした。

 もしかしたら寝る時に腕時計をしたままという人はいるかもしれませんが、
 壁掛け時計を抱いて寝る人がいたら、少しその人が心配です。

 でも、私のような目にあったときに、元居た世界の正確な時刻が解って良いですね。
 私はこちらの世界での誕生日が良く解らず、プレゼントをもらい損ねています。


 さて、この時刻なのですが、こちらの世界でも太陽の動きで決まっていて、
 基本的には太陽が最も高くなった時刻を、昼の12時としているそうです。
 本当はもっと複雑な話があるらしいのですが、長くなるのでここでは割愛。
 詳しく知りたい方は天文学系の本などに書いてあると思います。


 さて、昼の12時が太陽で決まることはそれでいいのですが、
 皆さんもご存じのとおり、太陽に当たる位置はちょっとずつ動きます。
 極端な話をすると、東西方向に一歩動くだけで、時刻が変わってしまうのです。 

12時の場所

 これでは不便だということで、国ごとに「標準時子午線」というものが決められて、
 この子午線上の時間をその国全体で使おうということになっているそうです。
 ※子午線に関しては過去の話を参考にしてください。

 ちなみに、標準時子午線には基本的に15度の倍数の経線が使われています。
 この15という数字は適当ではなくちゃんと理由があります。
 といっても、これは簡単。

 地球を円と考えると、一周360度で、一日は24時間です。
 つまり、1時間当たりの度数が15になるということ。
 逆に言えば、経度15度で1時間の時差がつくわけです。


 ただ、この15度で1時間という時差はあくまでも目安です。
 何故かというと、この数値そのものは理にかなっているのですが、
 国の大きさや形はバラバラです。

 だから、国内に15の倍数の経線が無い場合は無理やり近くの経線に合わせたり、
 国内に15の倍数の経線が2本以上ある場合は、どちらか1本の経線を採用したり、
 国内に2つ以上の時間をつくってしまったりと、この辺は国によってやり方が違います。

時差の決定

 上の図をご覧ください。
 ①~⑤の線は15度ごとにひかれた経線です。
 Aの国は、国内にどの経線もありませんが、①の経線が近いので、①を標準時子午線としています。
 この国は国内のどこにも、本当の時刻を示す場所がないという変わった国です。

 Bの国は国内に①と②のの経線があります。
 でも、大部分の地域は②が近いので、②を標準時子午線として、全国で1つの時間を使っています。
 国土が東西にそれほど広くない国ではこういうケースが見られます。

 Cの国は時刻に関しては理想的な国です。
 国内には②の経線しかないうえ、国のほぼ中央に②の経線があるので、
 迷うことなく②を標準時子午線としています。

 Dの国もEの国も国内には③、④、⑤の経線があります。
 この様に東西方向に国土が広い国では、地域でそれぞれ別の標準時子午線を設定することが多く、
 Eの国ではeの地域は③、e’の地域は④、e”の地域は⑤の標準時子午線を使っています。

 しかしDの国では、Xの首都の時間を全国共通にしているので、国内全域が⑤を
 標準時子午線にしています。
 この国の最も左側の地域では、本当の時刻と、時計が示す時刻に2時間の違いがあるため、
 朝6時に広場に集まってラジオ体操をしようとしても、まだ真っ暗だったりします。


 で、この前も言ったように、この世界では経度0度を示す本初子午線がロンドンを通っています。
 そのため、本初子午線を標準時子午線にしている時間をグリニッジ標準時と言いまして、
 これがいわゆる世界の基準となる時刻を示すことになるわけです。


 私の世界では国以上のかかわりがそれほど強くなかったので、あまり時刻の差なんかを
 気にしたことがなかったのですが、なるほどたしかに、世界規模のつながりが強いと、
 このへんのことはしっかり決めないと、大変ですね。

 それではまた次回。
プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。