スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大陸移動説について

 こんばんはライネです。
 いきなりですが世界地図を見ていると、あれ、ここぴったりだなと思うことが良くあります。

大陸移動1

 とくに南アメリカ大陸とアフリカ大陸なんかは、予想以上にぴったりです。
 さらに詳しく調べると、この地域の地層や、この地域で取れる昔の生き物の化石には、
 不自然なほど共通点が多いことにも気づきました。 

 これについて、昔の科学者さんたちは、いろいろな説明をしたそうです。
 個人的には、「もしかして大西洋ってめちゃくちゃでかい川なんじゃない?」説は、
 結構惜しいところまで行っていた気がします。


 さて、時は1912年、いまからたった100年前ですね。
 ウェゲナーという気象学者がほとんど決定的な証拠を集め、「大陸が動いた」説を発表します。
 これが大陸移動説というお話です。
 
 ところが、このとんでもない説は、半分受け入れられつつも、半分は否定されてしまいました。
 否定された一番の理由は、ウェゲナーの挙げた“ほとんど決定的な証拠”の数々は
 “状況証拠”でしかなかったからだそうです。


 例えるならば、「私がおやつに取っておいたケーキが消えている」こと、
 「先生の口の周りに何故かクリームが残っている」こと、
 「せっかくつくった夕飯を、先生がなぜか残している」ことだけでは、
 「帰り道にシュークリームを買って食べた」と言われてしまうと、
 先生がケーキを勝手に食べてしまったことを証明できなかったわけです。


 あくまでも「なんでそうなってるんだろうねぇ」で片付いてしまうもので、
 当時の考え方では、「巨大な大陸が動いた」ということは受け入れられず、それよりも、
 「大西洋上に今は沈んでしまったけれど、巨大な大陸があった」という説明のほうが、
 説得力があったらしいのです。

 そういったわけで、ウェゲナーさんは(大陸移動説の提唱者としては)あまり認められずに、
 証拠探しの末、お亡くなりになってしまいました。


 さて、ウェゲナーさんがお亡くなりになった後、1950年ごろになると、
 「海がだんだん広がっているのではないか」という説が言われるようになり、
 海どころじゃなく、地表そのものが動いているという「プレートテクトニクス」理論が誕生します。

 これがウェゲナーさんの大陸移動説とは全く同じではないものの、ある意味では大陸移動説を裏付ける
 証拠となり、再びウェゲナーさんの功績が評価されることとなったわけです。
スポンサーサイト

大陸移動説とプレートテクトニクス

 どうもこんばんはライネです。

 今日は前回の続きです。
 さて、いくつ証拠を集めても、大陸が動くだけの力が解らないということで、
 忘れ去られそうになった大陸移動説ですが、プレートテクトニクス理論の登場により、
 再び脚光を浴びることとなりました。


 同一視されることがあるのですが、
 先にこの二つの考え方の決定的な違いをはっきりとしておきましょう。

 現在において、ウェゲナーさんの大陸移動説が評価されているところは、
 様々な証拠から「理由はわからないけれど大陸が移動した」という事実そのものの様です。
 図にすると、次のような感じですね。

大陸移動説

 大陸が動いたということは、現在では疑いようのない事実とされていますが、
 大陸移動説では、大陸は海底からにょっきり生えているものと考えられていたそうです。
 そして、どんな力が働いて動いたのかまでは最後まで原因は解らなかったようですね。


 それに対してプレートテクトニクスは、あくまでも理論です。
 いろいろな書物において、さも当たり前の事実の様に書かれていますが、ニュアンス的には、
 「今の所、これで全て理にかなった説明がつく、ほとんど正解だと思われるもの」
 くらいのようです。

 なので、もしかすると、今後の研究ではもっと進んだ理論が登場するかもしれません。
 それを考えた上で、図にすると、次のような感じになります。

プレテク

 簡単に解説すると、大陸も海も別々で、どちらもその地下をゆっくりと動く(対流する)
 マントルに乗って、動いていると考えるのがプレートテクトニクスです。

 
 ただ、こちらの世界の進んだ技術力をもってしても、一番深く掘った穴が12㎞程だそうです。
 マントルの上に乗っていると思われる地殻の厚さは大陸で30㎞程度、海洋で6㎞程度なので、
 誰も実際の地球の内側を観察したことがないのです。
 このまま行けば、地殻を突き抜ける程度の実験はそのうち実現しそうですけれどね。


 これを例えるなら、トイレに誰か入っているかなと、ドアをノックするような感じで、
 地球をコンコン叩いて、どうやら中には誰もいないっぽいと言っているだけなのです。

 先生の家の場合、どんなに外から確かめても、誰かが漫画を読んだまま隠れていることがあるので、
 中の事は実際に見てみないと、何とも言えないというのが実際の所だと思います。


 ちなみに、あちらの世界では、地下には冥府の神様がいて、地上の悪い人を飲み込もうとしている。
 なんていうほとんど小さい子の教育にしか使われなくなったような考え方がありますが、
 こちらの世界でも別に中を見たわけではないので、もしかしたら居るかもしれませんよ? 

5億年後に会いましょう

 先生の大忙し週間が後処理も含めて、ほとんど終わったようです。
 手伝おうかと言ったのですが、手伝った部分も最後は先生自身でチェックしないと
 いけないため、あまり意味はないらしく、邪魔にならないように遊んでいました。

 そして、時間に余裕が出てきた先生が、ニコニコ動画をみて嘆いています。
 聞けば劇場版パトレイバー2を見逃したとかなんとか…
 という訳で、ちょこっとレンタルビデオ屋さんで借りてきて、鑑賞会となりました。


 基本知識としては、ゆうきまさみ先生のコミックを読んでいるので概ね解るのですが、
 びっくりすることに、後半までほとんどメインの登場人物が出てこないんですよ!

 ただそれでも、ありえないくらい面白かったです。
 これを例えるならば、はじめから料理を作るような楽しさですね。


 私の料理にはサイクルがあります。
 まずは、食べたい物と安い物を買ってきて、それで料理①を作ります。
 次の日にはあまった物を組み合わせて、足りなければ食材を買い足して料理②を作ります。

 この①と②が繰り返されるのですが、
 ②の場合、あるものを消費しなければいけないという制約があるため、
 あまり自由度は高くありません。

 ①は頭の中であれこれと考えて、食材を集めて、好きなだけ手間を掛けることができるので、
 これがなかなか楽しいのです。


 スーパーにいくと、目移りするほど食材がたくさんあっていいですよね。
 あちらの世界では、基本的に毎日②みたいなものでして、あるものを食べるだけだったので、
 何でもできるのが楽くてしかたがありません。

 個人的には、究極的に自由度の高いカレーを作る時が一番楽しいです。
 どんな工夫をしても、何を入れてもおいしいって素晴らしいですね。


 まあ、そんな感じで、食べることも好きですが、作ることも面白いです。
 パトレイバー2も、食べるのは本当に一瞬で済んでしまうのですが、料理する時間が長くて面白い。
 というより美味しく食べるために、ものすごく手間をかけて仕込んでいる感じでした。

 こんばんはライネです。
 伊集院さんでいうところのエコーモードが長かったですね…。


 今日は大陸移動説とプレートテクトニクスでわかること、その1です。
 その2は長くなるので、次回にする予定です。


 色々な調査から大陸が動いていることがわかりました。
 また、その速度や進んでいく方向もわかっています。

 毎回楽しく見せていただいている、エビフライさんの比較動画を参考にすると、 
 大陸が動く速さは、だいたい爪が伸びる速さよりも少し遅いくらいだそうです。

 方向に関しては、いろいろと複雑なので、こちらのWikipediaの図を参考にしましょう。

800px-Plates_tect2_ja_svg.jpg

 さて、移動速度と方向が分かれば、未来を予測することができます。
 ついでにいうと過去を推測することもできます。
 ビリヤードに例えるなら、

3
 今がこの状況だけれど、


2
 移動速度と方向が解るので…


始まりの位置
 昔の姿も解るよね。
 ということです。

 とりあえず、ウェゲナーさんもその存在に気づいていたらしいのが、
 いまから2億5千万年前から2億年前にあったのが「パンゲア大陸」です。
 これが、ビリヤードでいうところのすべての玉が集まっている状態ですね。

Pangaea_continents_svg.jpg
 
 紙幅が長くなってしまうので省略しますが、例の図を参考にするとわかりやすいかもしれません。
 地質年代でいうと、ペルム紀から三畳紀の間にあったわけですね。
 出来事としては、恐竜が出現した時期がこの頃です。

 ジュラ紀ごろに、パンゲア大陸は北の「ローラシア大陸」、南の「ゴンドワナ大陸」に分かれ、
 また細かく分裂して現在の姿へになったようです。


 ところが大陸は動き続けているので、パンゲア大陸が始まりというわけではないのです。
 むしろその前にも今のように大陸がばらばらの時代があってもおかしくありません。
 そして今後再び、パンゲア大陸のようなすべての大陸がひとつになることもあるでしょう。

 これは私でも予想できる話ですね。
 まず、地球の大きさそのものは変わりないわけです。
 さらに、詳しい説明は後日しますが、大陸に関してはビリヤードでいう穴はないそうです。
 そしてビリヤードとちがうことは、大陸が動き続けているということと、地球は丸いということ。
 
 つまり、離れることと近づくことは同じなのです。
 あ…、ちょっとかっこいいこと言っていいですか? 


 地球一周4万㎞。
 たとえ君が僕から1㎞離れたとしても、
 それは僕に39,999㎞近づいたということさ。



 なんか、ポジティブなストーカーみたいになってしまった。 
 まあ、気を取り直して、大陸はいつかどこかで1つになることもあれば、
 今のようにバラバラになることもあるということです。
 だいたいこのサイクルは5億年単位程度で起きているらしいですよ。

大陸をも引き裂く力

 前々からこちらの食べ物は何でもおいしいと思っていました。
 でも、まだまだ本調子ではなかったようです。
 最近、あちらの世界で飽きるという感覚すら忘れる程食べたイモですら、
 シャレにならないほどおいしいです。

 イモをすりつぶしただけのような、いも羊羹がこれほどの力を持っているとは…。
 こんばんはライネです。


 さて、さくっとプレートテクトニクスから解ること、その2を説明しましょう。
 プレートテクトニクス理論において、大陸が動くのは、前にも言ったように、
 マントルの対流によって、その上を浮かんでいる大陸や海底が動くからです。

マントル対流

 注目すべきは、このマントルが上昇する部分(黄色い丸)です。
 この図では大陸の地下で上昇しているように見えますね。

 では、このままの状態が続くと、どうなってしまうのでしょうか。
 答えはちょっとありえないように思えるかもしれませんが、
 大陸が引きちぎられてしまうそうです。

裂ける境界

 これが現在進行形で起こっている場所がありまして、詳しくは地図を参考にしてください。

大地溝帯

 詳しい地図を見ると、この部分が盛り上がっている様子がわかります。
 また盛り上がっている中に湖がいくつか確認できまして、
 これは先ほどの図の2番目の状態ですね。

 このような裂け目を「地溝」と呼んでいるそうです。
 また、この場所は今後、長い時間をかけて分裂して、海になってしまうと考えられます。
 逆に考えれば、現在海になっているところのいくつかは、このように誕生したわけです。


 このように大陸がどう動いたかということだけでなく、
 実際にある様々な地形が、なぜそうなっているのかということを、
 プレートテクトニクスの考え方を使えば、説明できるようになるのです。

海が生まれる場所

 私の中のジャイアントキリングをおこそう。


 それは買い物です。
 きっとそのうち元の世界に戻れると根拠もなく思っていたのですが、
 なんだかんだで、あと2か月で1年です。

 労働に見合う対価をしっかりもらっているのですが、元々は先生のお金だということ。
 そして、いつか帰ってしまうなら、あんまりこちらの物を買うのももったいないな。
 そう思ったままずるずると、あまり自分の物を買うことはしてきませんでした。

 私の感覚ではあまり気にしていないのですが、さすがに衣類はやめて欲しいと、
 先生に強制されて、そちらは日本語も覚える前に買いに行ったのですが、
 それ以外の物はほとんど先生と共用です。

 決して欲しくないわけではないのですが、いざ購入しようとすると、
 持って帰れるわけでもないでしょうし、二の足を踏んでしまうのです。

 とりあえず、モーレツ宇宙海賊でクーリエさんが着てたやつですね!
 あの暖かそうな和風ジャケットは魅力的です。
 どうもこんばんは、ライネです。

 ちなみにジャイアントキリング最新刊が発売していました。
 今回の話は谷間ですね。
 積み上げて積み上げて、一気に倒すのがジャイキリの面白さなので、
 谷間が深いほど、今後の期待が大きいです。

 おそらく今後はお父さんが昔の感覚を取り戻して、サポーターをまとめて和解。
 という流れになるのではないでしょうか。



 さて、今日の本題にまいりましょう。
 昨日はプレートテクトニクスで地溝が説明できるという話でしたが、
 他にもまだまだいろいろな地形を説明することができます。
 ということで、しばらくはプレートテクトニクスで説明できる様々な地形のお話です。
 本日は海底山脈について。


 海は平らなものだと勝手に思っていましたが、グーグルアースを見ていると、
 どうやら海の中にも山や谷があることがわかります。

 例えば、解りやすいのが、大西洋中央海嶺と呼ばれる海底山脈です。

大西洋中央海嶺

 名前にもありますが、海底山脈のことを日本語では「海嶺(かいれい)」とも呼んでいるようです。
 この大西洋中央海嶺について調べてみたのですが、長さはどこを調べてもあやふやです。
 4万キロという書かれ方がしてあったり、1万キロだったり、一番多いのは2万キロくらいでした。

 たぶんこれは、大西洋中央海嶺が他の海嶺とくっついているので、どこからどこまでを測るかによって、
 違いが出てしまうのでしょう。
 私の目測では経線とおなじくらいの長さがあるように見えます。
 ということで、ここでは2万キロメートルくらいということにしておきましょう。

 経線と同じくらいというと、地球半周分です。
 ものすごく長い山脈だということがわかりますね。


 ちなみにこの海嶺のつくられた原因ですが、こちらは昨日見たアフリカ大地溝帯とほとんど一緒です。
 昨日は少し省略してしまったのですが、マントルが上昇して地表に出ると、一部は冷えて海底になります。
 これがまさしく、海底山脈ということになるわけです。

裂ける境界
 ↑地溝ができるまで

 ↓海嶺ができるまで
海嶺

 ということは、マントルが上昇する場所は、陸上では「地溝」、海では「海嶺」になるわけですね。
 どちらにしても、上昇している場所を中心に両方向に広がっていくのがわかります。

 そして、たとえ現在は陸上で見えている地溝ですが、いつかは海になってしまうわけです。
 そんなことありえない気もしたのですが…

大陸移動1

 以前のせたこの図と、先ほどの大西洋中央海嶺を見比べると、昔はひとつの大陸だったものが、
 現在は海嶺を中心に、ふたつに分かれている様子がよくわかりますね。
プロフィール

ライネ

Author:ライネ
ライネと申します。
先生の家に居候するラザフォード人です。
現在この世界のことを勉強中。
リンクとかもろもろ含めて商業的利用以外ならご自由にどうぞ。面白そうな企画には飛び乗ります。

合言葉は「真面目な事を不真面目に!」
記事の真偽は自己責任でお願いします。

つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
のべ閲覧者
姉妹サイトへ
Geographico+

地理の問題集ブログ。
難易度は大学入試くらい?
(諸般の都合で開店休業中)



Geographic@!
もうひとつのGeographico!
楽しく学べる地理小説?
地理の質問募集中

名前:
メール:
件名:
本文:

ラグナロクオンライン
海外いろは
海外赴任・留学・出張の総合情報サイト - JCMの「海外いろは」 海外赴任の総合情報サイトです。海外赴任時の出発までの準備、現地での生活、子供の教育、そして日本への帰国に至るまでの情報を掲載しています。また、海外留学・海外出張に関する情報も掲載しています。
管理用
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ページワープ機能

Designed by 石津 花

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。